歴史・沿革

明治40年(1907年)、住友鋳鋼場が当時の大阪市西区島屋町、現在の製鋼所所在地に移転しました。 ここでは戦後の歴史を年表でご紹介します。
西暦 年号 沿革 世の中の動き
1949 昭和24 新扶桑金属工業の設立  
1952 昭和27 住友金属工業に商号変更  
1956 昭和31 昭和天皇皇后両陛下、当所に行幸啓  
1957 昭和32 インドのネール首相来所  
1959 昭和34 新しい車輪圧延設備(9000トンプレス)稼動  
1962 昭和37 新幹線の第一号試作台車を制作  
1963 昭和38 米国鉄道協会より車輪承認取得、米国への輸出開始  
1964 昭和39   当所車輪・車軸で走る東海道新幹線が開通
1970 昭和45   大阪で日本万国博開催
1973 昭和48   第一次オイルショック
1977 昭和52 ボルスタレス鉄道台車を開発。VCロールを開発  
1979 昭和54 世界初の小型地下鉄用リニアモータ駆動台車を開発、試作台車制作納入 第二次オイルショック
1990 平成2 米国ケンタッキーにクランクシャフト製造会社設立(ICI社) 永久磁石式リターダ、開発・生産開始  
1991 平成3   バブル崩壊
1995 平成7   阪神・淡路大震災
1999 平成11 ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)認証を取得  
2003 平成15 中国にクランクシャフト製造会社設立(恵州住金鍛造有限公司)  
2008 平成20 インド国鉄から鉄道用車輪を大量受注 世界金融危機
2009 平成21 インドでの鍛造クランクシャフト事業進出決定
ドイツ高速鉄道向け車輪長期供給契約締結
 
2012 平成24 新日鉄住金(株)発足  

このページの上部へ

ここからフッター情報です