歴史・沿革

昭和 9 年(1934) 日本ステンレス株式会社としてステンレス鋼の製造開始。
昭和21年(1946) 18-8系ステンレス鋼の製造開始。
昭和35年(1960) 可逆式4段冷間圧延機の導入により、ステンレス鋼冷延鋼板の生産能力が大幅に増強。
昭和37年(1962) 20段センジミア冷間圧延機を設置し、薄板帯鋼の増産体制の確立を図る。
昭和38年(1963) 連続焼鈍酸洗設備、帯鋼研磨設備、矯正切断設備を増強し生産の効率化を図る。
昭和43年(1968) 未来の金属といわれた、チタン製品の生産を開始。
昭和54年(1979) 可逆式2段熱間圧延機を設置し、ミルパワーアップによる品質と生産性の向上を図る。
昭和57年(1982) 2500トンプレスを導入し、難加工材への挑戦と大型鍛造品の生産効率化を図る。
昭和61年(1986) 機能材開発設備(圧延機・洗浄設備・光輝焼鈍炉・スリッター)を設置し、精密圧延品をはじめとする材料への多機能ニーズに挑戦を開始。
昭和63年(1988) No.2光輝焼鈍炉を設置し、精密圧延品の高品質化を図る。
クラッド鋼製造設備を設置し、新素材の開発にチャレンジ。
平成 元年(1989) 精密圧延品スリッターを設置し、ユーザーニーズに対応。
平成 2 年(1990) 6段精密冷間圧延機を導入し、精密圧延品をはじめとする新分野材料へ本格的に進出。
平成 4 年(1992) 旧住友金属工業株式会社と合併。
平成 7 年(1995) 形鋼圧延設備を増強し、全サイズ所内圧延の集約を図る。
精密圧延品用アルカリ脱脂洗浄ラインを設置し、洗浄能力の拡大を図る。
平成 8 年(1996) 薄板チタンISO9002取得。
平成 9 年(1997) 精密圧延品用テンションレベラーを設置し、高品質化への対応を図る。
平成10年(1998) 形鋼圧延設備を更新し、生産効率化を図る。
ステンレス鋼薄板ISO9001取得。
環境ISO14001取得。
平成12年(2000) 旧住友金属工業株式会社より分社し株式会社住友金属直江津として営業開始。
チタン、ステンレスのISOを統合。
平成13年(2001) 銅めっき設備を設置。
圧力透析酸回収設備を設置。
平成14年(2002) No.3連続光輝焼鈍炉を設置。
可逆式4段冷間圧延機を6段/4段切替式に改造。
平成15年(2003) 中央労働災害防止協会OSHMS適格性認定を取得。
平成17年(2005) 航空機用純チタン薄板 JIS Q 9100取得。
平成20年(2008) 旧住友金属工業株式会社よりチタン薄板・厚板に関する事業を承継。
平成24年(2012) 新日鉄住金(株)発足

このページの上部へ

ここからフッター情報です