木更津港まつり「やっさいもっさい」に当所連も含め3,300人が参加

2011/08/13

踊りを盛り上げる当所連

藤野所長も飛び入り参加

木更津港まつり「やっさいもっさい踊り」が8月13日に、木更津駅前の富士見通りを会場に開催されました。当所連(連長=佐藤総務部長)をはじめ、その他企業や自治会などから59連3,300人が踊りに繰り出し、通りは多くの見物人でにぎわいを見せました。

例年の木更津港まつりは、8月14日にやっさいもっさい踊り、翌15日に木更津港での花火大会が開催されてきましたが、本年は先の震災による節電対策なども踏まえて踊りのみの行事となり、13日の土曜日に時間を短縮して開催されました。
各連は、一日も早い日本の復興を願い、「おっさ、おっさ」の力強い掛け声とともに練り歩きました。


このページの上部へ

ここからフッター情報です