第70回木更津港まつり 当所岸壁に接岸中の石炭運搬船で入港船慰門歓迎式

2017/08/15

渡辺木更津市長から船長に記念品贈呈



歓迎のあいさつをする井上所長

毎年8月15日の木更津港まつりの行事の一環として「入港船慰問歓迎式」が、当所岸壁に接岸中の船舶の船内で行われています。今年歓迎式が行われたのは、当所中央岸壁7バースに接岸した石炭運搬船「CAPE HARVEST(ケープ ハーベスト)2015年建造」207,532トンの船内です。

入港船慰問歓迎式では、木更津港まつりの鈴木実行委員長や名誉会長の渡辺木更津市長が歓迎のあいさつをし、花束と記念品が船長や機関長、一等航海士に贈呈されました。これに応えて、乗員を代表して船長が「このような歓迎をいただきありがとうございます。乗員にとってもとても良い機会になりました」と、笑顔で謝辞を述べました。その後、昼食会も行われ、井上所長が所を代表して歓迎の言葉を述べ、乗員の皆さんは長い航海の疲れをしばし忘れ、まつり実行委員会関係者や当所対応者らとなごやかに懇談しました。


ツイート Facebookでシェア

このページの上部へ

ここからフッター情報です