歴史・沿革

君津地区

日本最大の消費地(首都圏)の鉄鋼生産拠点として1965年に創業し、1968年の第一高炉火入れとともに銑鋼一貫生産体制を確立しました。常に最新鋭の技術・設備を導入し、お客様のニーズに的確にお応えする高品質の鉄鋼製品をお届けしてまいりました。当社の持続的利益成長を担う中核製鉄所として、たゆまずステップアップを目指しています。

年代 君津製鉄所の歴史
昭和 35年(1960年)
  • 八幡製鐵(株)(現新日鐵住金(株))君津地区への進出決定(11月)
36年(1961年)
  • 君津漁協が補償協定に調印(8月)
  • 千葉建設事務所設置(9月)
40年(1965年)
  • 君津製鉄所発足(2月)
  • 冷延工場操業開始(4月)
  • 君津製鉄所 創業
43年(1968年)
  • 第1高炉火入れ(11月)
  • 銑鋼一貫体制確立(12月)
44年(1969年)
  • 第2高炉火入れ(10月)
45年(1970年)
  • 八幡製鐵(株)(現新日鐵住金(株))、富士製鐵(株)(現新日鐵住金(株))合併 新日本製鐵(株)発足(3月)
46年(1971年)
  • 第3高炉火入れ(9月)
  • 1000万トン体制へ
50年(1975年)
  • 第2高炉休止、第4高炉火入れ(10月)
51年(1976年)
  • 第1高炉休止(2月)
  • シラク首相(フランス)来訪(7月)
53年(1978年)
  • 鄧小平副首相(中国)来訪(10月)
54年(1979年)
  • ビデラ大統領(アルゼンチン)来訪(10月)
55年(1980年)
  • 余秋里副首相(中国)来訪(4月)
57年(1982年)
  • 第2高炉再火入れ(2月)
59年(1984年)
  • 中国上海宝山製鉄所の実習生700人受け入れ開始(3月)
  • 累計粗鋼生産量1億トン突破(5月)
60年(1985年)
  • 君津製鉄所創立20周年(4月)
  • 当所の技術協力の下、中国上海宝山製鉄所 第1高炉火入れ(9月)
63年(1988年)
  • 第4高炉再稼働~現在の高炉3基体制へ~(7月)
平成 1年(1989年)
  • 李鵬首相(中国)来訪(4月)
3年(1991年)
  • 来訪者100万人到達(3月)
7年(1995年)
  • 君津製鉄所創立30周年(4月)
  • 天皇陛下 ご来訪(9月)
8年(1996年)
  • 硬式野球部 都市対抗野球 ベスト8(8月)
9年(1997年)
  • ISO 9001 全製品で認証取得完了(1月)
  • 累計粗鋼生産量2億トン突破(5月)
10年(1998年)
  • ISO 14001認証取得(3月)
11年(1999年)
  • 硬式野球部日本選手権大会初出場(10月)
12年(2000年)
  • 硬式野球部都市対抗野球ベスト4(8月)
  • 公式野球部日本選手権大会ベスト8(10月)
13年(2001年)
  • 第3高炉火入れ(5月)
  • 所内全17工場がTPM優秀賞に合格(11月)
14年(2002年)
  • 「製鉄余剰ダストの高炉原料としての再資源化技術開発」が省エネ大賞受賞(1月)
  • 「コークス炉による廃プラスチックリサイクル」グッドデザイン賞で金賞受賞(10月)
  • 硬式野球部 日本選手権大会ベスト4(10月)
  • 「コークス炉による廃プラスチックリサイクル」環境大臣賞を受賞
15年(2003年)
  • 新日本製鐵君津硬式野球部が広域チーム「市民球団かずさマジック」となる(4月)
  • 第4高炉三次火入れ(5月)
16年(2004年)
  • 2003年度粗鋼生産量9,569,478トン、出銑量9,815,377トン、焼結生産量13,199,630トンで史上最高(3月)
  • 自動車産業品質マネジメントシステムISO/TS16949に合格(7月)
17年(2005年)
  • 君津製鉄所創業40周年(4月)
18年(2006年)
  • 2005年度粗鋼生産量1000万トン達成(3月)
19年(2007年)
  • 2006年度粗鋼生産量1000万トン超達成(3月)
20年(2008年)
  • 2007年度出銑量、粗鋼生産量、総出荷量1000万トン超達成(3月)
  • 累計粗鋼生産量3億トン突破(5月)
21年(2009年)
  • プラスチックリサイクル累計処理量50万トン達成(6月)
  • 君津製鉄所本館(MACS)竣工(11月)
22年(2010年)
  • 「回転炉床式還元炉による製鉄ダスト類リサイクルプロセスの開発」で第56回大河内賞「大河内記念生産賞」受賞(3月)
  • 鋼材出荷量累計3億トン達成(6月)
  • 来訪者150万人達成(6月)
  • 市民球団「かずさマジック」第81回都市対抗野球本大会出場(8月)
  • 市民球団「かずさマジック」第37回社会人野球日本選手権本大会出場(10月)
  • エルベクドルジ大統領(モンゴル)来訪(11月)
24年(2012年)
  • 第2高炉火入れ(5月)
  • 新日鉄住金(株)発足(10月)
  • 新日鉄住金かずさマジック 第38回社会人野球日本選手権本大会出場(11月)
  • 市民球団「かずさマジック」から「新日鐵住金かずさマジック」へチーム名変更
25年 (2013年)
  • 新日鐵住金かずさマジック第84回都市対抗野球大会
    ベスト4(7月)
  • 新日鐵住金かずさマジック第39回社会人野球日本選手権本大会優勝(11月)
26年 (2014年)
  • 君津地区、東京製造所と統合(4月)
27年 (2013年)
  • 皇太子様ご来所(3月)
  • 創立50周年(4月)
  • 新日鉄住金かずさマジック第41回社会人野球日本選手権
    大会出場(11月)
28年 (2016年)
  • 新日鉄住金かずさマジック第87回都市対抗野球大会
    出場(7月)

東京地区

年代 君津製鉄所の歴史
昭和 10年(1935)
  • 日本特殊鋼管(株)設立
11年(1936年)
  • 戸田工場(現東京製造所)建設完了
    遠心鋳造鋼管製造開始
35年(1960年)
  • 「八幡鋼管(株)」に社名変更
43年(1968年)
  • 八幡製鐵(株)(現新日鐵住金(株))と合併
    「八幡製鐵(株)東京製造所」となる
45年(1970年)
  • 新日本製鐵(株)発足
    「新日本製鐵(株)東京製造所」となる
平成 6年(1994)
  • 「IS0 9001」認証取得
13年(2001)
  • 「IS0 14001」認証取得
17年(2005)
  • 創立70周年
24年(2012)
  • 10月1日付で新日鐵住金(株)発足
26年 (2014年)
  • 東京地区、君津製鉄所と統合(4月)
27年 (2015年)
  • 創立80周年

このページの上部へ

ここからフッター情報です