発電所の設備概要

設備概要

発電所の名称 新日鉄住金鹿島火力発電所
出力 507,000[kW]
燃料 石炭
敷地面積 約139,000[m2]
緑化率 約51[%]

発電所のしくみ

  役割 設備の名称(形式) しくみ
(1) 蒸気を作る設備 ボイラー(超臨界圧貫流形再熱式) ボイラーで石炭を燃やし、その中にある多数のチューブの中を通る水が温められ、高温・高圧の蒸気を作ります。
(2) 電気を作る設備 タービン(くし型再熱復水型) ボイラーで作った蒸気でタービン発電機を回して電気を作ります。
発電機(水素冷却形 同期発電機)
(3) 環境を守る設備 脱硝装置
電気集じん器
脱硫装置
ボイラで石炭を燃やすことにより発生する窒素酸化物・ばいじん・硫黄酸化物の濃度を低減させ、周辺環境への影響を低減します。

このページの上部へ

ここからフッター情報です