製鉄所概要

鉄は人類の進歩を支えてきました。古代から現代に至る歴史の中で、文明を栄えさせてきたのは、鉄の豊かな使い方でした。いつの時代にあっても、鉄が不可欠 な素材であり続けた理由は、すばらしい適応力です。今日も、先端技術の集約といえる自動車に重量の7割以上鉄が使われていることからも、その重要性と可能性がうかがえます。

鹿島では、古来より、鉄づくりが行われていました。奈良時代の常陸風土記に「若松の浜(鹿島)の鐵(まがね)を採りて剣を造りき」と記されています。この古代 製鉄ゆかりの地に、昭和43年12月1日(12月1日は鉄の記念日)、近代的な鹿島製鉄所が開所しました。 鹿島製鉄所の特長は、鋼板ならびに建材の製造拠点として、自動車・家電向けの薄板鋼板を中心に、厚板鋼板、鋼管、形鋼など、付加価値の高い製品を製造し、かつ世界トップレベルの生産性を併せ持つ銑鋼一貫製鉄所です

なかでも生産量の約80%を占める鋼板は、表面処理鋼板や高張力鋼板を中心に、年々製品が高級化しています。

また、生産面だけでなく、自然に優しい鉄づくりを心がけ、海、川、土地など、周辺の環境を大切にするクリーンな製鉄所を目指しています。

従業員数 約3,000人
敷地面積 約1,000万m2

このページの上部へ

ここからフッター情報です