歴史・沿革

西暦 年号 沿革 世の中の動き
1967 昭和42
  • 茨城県鹿島郡に製鉄所建設を決定、
    「全社の力で鹿島を作ろう」を合言葉に建設準備始まる
  • 鹿島建設本部を設置
 
1968 昭和43
  • 鹿島製鉄所開設
 
1969 昭和44
  • 熱延工場、鍛接管工場稼動(薄板と鋼管の製造開始)
  • 鹿島港開港
 
1970 昭和45
  • 厚板工場、分塊工場稼動
大阪で万国博覧会開催
1971 昭和46
  • 第1高炉火入れ、
  • 第1製鋼工場、直鋳工場、冷延工場稼動
    (高炉一貫製鉄所となる)
 
1972 昭和47
  • 第1連続鋳造設備稼動
 
1973 昭和48
  • 第2高炉火入れ
  • 形鋼工場稼動
第一次オイルショック
1974 昭和49
  • 第2連像鋳造設備、第2製鋼工場、大径管工場稼動
    (大型パイプライン用鋼管製造始まる)
 
1975 昭和50
  • 大形工場稼動
 
1976 昭和51
  • 第3高炉火入れ、第1高炉吹き止め
 
1977 昭和52
  • 第1溶融亜鉛めっき設備稼動
 
1979 昭和54
  • 第1高炉二次改修火入れ、第2高炉吹き止め
第二次オイルショック
1981 昭和56
  • 第1連続焼鈍設備稼動
 
1983 昭和58
  • 第3連続鋳造設備稼動
 
1984 昭和59
  • 第1電気亜鉛めっき設備稼動
 
1988 昭和63
  • 第2電気亜鉛めっき設備稼動
  • 高炉の銑鉄生産量が累計1億トン達成
 
1989 平成元
  • 鹿島で製造した鋼(はがね)の累計生産量が1億トン達成
 
1990 平成2
  • 第2高炉二次改修火入れ、第3高炉吹き止め
  • 第3高炉二次改修火入れ、第1高炉吹き止め
 
1991 平成3
  • 鹿島製鉄所蹴球団を母体に、鹿島アントラーズFC設立
 
1992 平成4
  • 第2溶融亜鉛めっき設備、第2連続焼鈍設備稼動
  • 鹿島アントラーズ サッカースクール開校
 
1993 平成5
  • 第2冷間圧延設備稼動
 
1994 平成6
  • 鹿島ステンレス鋼板製造所を鹿島製鉄所に統合
 
1997 平成9
  • ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)認証を取得
 
2003 平成15
  • 高炉の銑鉄生産量が累計2億トン達成
  • ステンレス部門を新日鐵住金ステンレス(株)に分割
 
2004 平成16
  • 第1高炉三次改修火入れ(新設)、第3高炉吹き止め
 
2006 平成18
  • 第3溶融亜鉛めっき設備稼動
 
2007 平成19
  • 第3高炉三次改修火入れ、第2高炉吹き止め
  • 住友金属鹿島火力発電所稼動
  • 新酸洗設備稼動(第2冷間圧延設備に直結)
 
2009 平成21
  • No.2RC資源循環炉稼動
 
2011 平成23
  • 東日本大震災で被災し全操業がストップするも、早期復旧を果たす
東日本大震災発生
2012 平成24
  • 新日鉄住金(株)発足
 

このページの上部へ

ここからフッター情報です