歴史・沿革

大正8年(1919年)住友伸銅所尼崎工場が現在の尼崎製造所所在地に開設されました。ここでは戦後の歴史を年表でご紹介します。
西暦 年号 沿革 世の中の動き
1949 昭和24 新扶桑金属工業の設立  
1951 昭和26 アメリカ向け油井用鋼管大量輸出開始
火力発電用高温高圧ボイラチューブ製造開始
サンフランシスコ講和条約調印
1952 昭和27 住友金属工業に商号変更  
1956 昭和31 (日本初)原子力発電用ステンレス銅管の製造開始  
1957 昭和32 エルハルト式製管設備新設  
1959 昭和34 ユジーン・セジュルネ式製管設備新設  
1966 昭和41 海南鋼管(株)設立し、小径シームレスミル増設  
1973 昭和48   第一次オイルショック
1979 昭和54   第二次オイルショック
1980 昭和55 精密管(原子燃料被覆管)工場稼動  
1983 昭和58 (世界初)「高合金油井管」の製造開始  
1989 平成1 超々臨界発電用ボイラチューブ実用化スタート  
1991 平成3   バブル崩壊
1994 平成6 原子力発電向け蒸気発生器用伝熱管(SG管)の輸出を開始  
1995 平成7   阪神・淡路大震災
1998 平成10 ISO14001取得  
2000 平成12 精密管工場と神鋼特殊鋼管が合併「(株)ジルコプロダクツ」として発足  
2008 平成20   世界金融危機
2009 平成21 兵庫県より、第1回「尼崎21世紀の森緑化賞」を受賞
尼崎市より、環境保全活動の先導的モデル企業として表彰
超々臨界圧火力発電用ステンレスボイラチューブの技術が「大河内生産特賞」を受賞
 
2012 平成24 新日鉄住金(株)発足  

このページの上部へ

ここからフッター情報です