No.408  解析技術特集

2017.08

目次

巻頭言

技術論文

  1. 2.TEMによる原子レベル元素定量解析  (網野岳文)(PDF 2.80 MB)PDFファイルへリンクします
  2. 3.電子顕微鏡内その場機械試験の鉄鋼材料への適用  (谷口俊介,Gerhard DEHM)(PDF 3.92 MB)PDFファイルへリンクします
  3. 4.特定粒界・界面のアトムプローブ観察技術の進展  (高橋 淳,川上和人,小林由起子,芳賀 純,石川恭平,久保田直義)(PDF 4.77 MB)PDFファイルへリンクします
  4. 5.等温時効におけるフェライト鋼中TiC析出挙動のアトムプローブ解析 (小林由起子,高橋 淳,川上和人)(PDF 2.38 MB)PDFファイルへリンクします
  5. 6.飛行時間型二次イオン質量分析法を用いた鋼中微量軽元素分配の解析  (田中智仁,林 俊一)(PDF 5.19 MB)PDFファイルへリンクします
  6. 7.脱溶媒試料導入‐誘導結合プラズマ分析法による鉄鋼材料中微量元素の高感度分析技術の開発  (板橋大輔,水上和実,相本道宏,西藤将之)(PDF 1.05 MB)PDFファイルへリンクします
  7. 8.放射光‐光電子分光法および赤外・蛍光X線顕微分光法を用いた腐食生成物の構造解析   (西原克浩,桒野大介)(PDF 2.52 MB)PDFファイルへリンクします
  8. 9.ラマン分光およびフォトルミネッセンス分光を用いた水和物分布の化学イメージング  (髙橋貴文)(PDF 2.78 MB)PDFファイルへリンクします
  9. 10.模擬焼結反応の解析技術  (藤部康弘)(PDF 1.89 MB)PDFファイルへリンクします
  10. 11.高温in situ X線回折および高温組織観察による焼結鉱プロセスの素反応解析  (村尾玲子,木村正雄)(PDF  3.01 MB)PDFファイルへリンクします
  11. 12.XRD-リートベルト法による焼結鉱中の鉱物相の定量解析  (高山 透,村尾玲子)(PDF 2.18 MB)PDFファイルへリンクします
  12. 13.固体NMRによるスラグ膨脹因子の定量  (金橋康二,相本道宏)(PDF 944 KB)PDFファイルへリンクします
  13. 14.真空紫外1光子イオン化質量分析装置を用いた芳香族炭化水素の分析技術の開発  (辻 典宏,鈴木哲也,林 俊一)(PDF 2.54 MB)PDFファイルへリンクします
  14. 15.放射光X線を用いた炭素繊維強化プラスチックの顕微化学状態解析  (原野貴幸,村尾玲子)(PDF 2.01MB)PDFファイルへリンクします


関連リンク

製品情報

厚板、薄板、棒鋼・線材、建材、鋼管、チタン、スラグなどの製品情報

環境への取り組み

世界トップレベルの技術力をもって、鉄鋼業界における環境への取り組みをリード


このページの上部へ

ここからフッター情報です