高炉の操業・設計技術

日本で唯一(海外では欧州に1基のみ)の試験高炉(波崎研究開発センター)を用いて研究開発を推進しています。実機の1/400~1/1000サイズですが、実機をよく再現し、コスト合理化、安定操業に大きく貢献しています。試験高炉以外にも、実機の高炉を精度良くシミュレートできる種々の大型実験設備を駆使して、二酸化炭素排出量削減等の課題にチャレンジしています。また、コンピューターを用いた世界一のシミュレーション技術も活用して、これまで知ることの難しかった高炉内の様々な挙動を明らかにしています。

試験高炉
日本で唯一(当社のみ)、海外ではスウェーデンに1基だけという試験高炉(内容積3m3、10t/d)を有しています。

Adobe Flash Playerのダウンロード

Adobe Flash Playerは「Get Adobe Flash Player」ボタンをクリックして入手できます。

Get ADOBE FLASH PLAYLER

試験高炉出銑状況(動画)
高炉3次元モデルによるシミュレーション
新高炉火入れ時の非定常な炉内状況をシミュレーションした例です。

Adobe Flash Playerのダウンロード

Adobe Flash Playerは「Get Adobe Flash Player」ボタンをクリックして入手できます。

Get ADOBE FLASH PLAYLER


このページの上部へ

ここからフッター情報です