基盤研究

グローバル競争が激化し、鋼材の差別化やコスト低減ニーズがさらに高まる中、すべての研究開発の共通基礎基盤となる解析技術の果たす役割は高まっています。
新日鉄住金では、物質・現象そのものの高度解析を行う物質解析科学と、現象に潜む数理を抽出して定量予測する数理科学の両輪で、製品・プロセス開発の高度化とスピードアップを目指しています。

高度解析技術

μmからnmそして原子レベルの解析へ

μmからnmそして原子レベルの解析へ

3次元アトムプローブ電界顕微鏡の観察例について紹介します。

μmからnmそして原子レベルの解析へ

反応をその場で観察する解析技術

反応をその場で観察する解析技術

製鉄プロセスで重要な化学反応を実環境のまま観察し、新技術を提案します。

反応をその場で観察する解析技術

数理科学

製造プロセスにおける数値解析の利用

製造プロセスにおける数値解析の利用

数値シミュレーションを用いた、省エネへの取り組みについて説明します。

製造プロセスにおける数値解析の利用

材料組織の予測技術

材料組織の予測技術

計算機シミュレーションを利用した材料組織の予測技術 ~組織形成シミュレーション~

材料組織の予測技術

関連リンク

3-3 鉄鋼業の基盤としての数理科学(PDF 7,567KB)PDFファイルへリンクします


このページの上部へ

ここからフッター情報です