高精度スプリングバック予測技術

ハイテンでは寸法精度不良が重要課題であるが、従来の解析ではスプリングバックの予測が困難です。

従来モデルの問題点と材料モデルの改良

材料の曲げ曲げ戻し変形と応力ひずみ関係

単純せん断試験によるパラメータ同定手法開発

単純せん断試験機・変形様式

リアメンバモデル試験による精度検証結果

解析結果(スプリングバック量)

解析結果と実験結果の比較(A-A' 断面)

高強度鋼板のスプリングバック現象予測や対策検討が可能 →金型工期短縮・コスト削減


このページの上部へ

ここからフッター情報です