破断限界予測評価技術

従来解析では板厚ひずみ分布を評価できるが、破断発生の高精度な予測は困難です。

理論FLDと実験FLDの比較検証結果

  • 各種鋼材について板厚・引張特性値のみからFLDを高精度に予測
    (FLD測定工数削減)
  • 材料の面内異方性を考慮した破断限界を評価可能

金型設計段階で正確な割れの判定が可能→金型の工期短縮・コスト削減


このページの上部へ

ここからフッター情報です