ハイテン

軽量化・衝突安全性確保に貢献するハイテン(自動車用高強度鋼板)

自動車分野では、「環境負荷低減のための軽量化」と「衝突安全性向上」という相反する課題を解決するため、強いだけでなく成形性にも優れる当社のハイテンが広く活用されています。

現在、車体の4~6割をハイテンが占めており、外板パネル類(~440MPa)、足回り類(~780MPa)、内板・構造部材・補強部材(各種~1780MPa)などに用いられています。
*下図は日本での代表的な適用事例を示したものです。

また、当社では、グローバル展開を睨み、アルセロールミッタル社との共同研究による商品開発も行っています。



このページの上部へ

ここからフッター情報です