新日鐵住金

RECRUITING 2020 RECRUITING 2020

未来の鉄をつくる
テクノロジーを探る

品質管理

石井 誠也SEIYA ISHII

大学では物質科学を専攻しいろいろな材料を研究していたが、最も世の中への影響力が大きい材料の王様=鉄にターゲットを絞り込む。「やるからには一番になりたい」と、総合力世界No1を目指す新日鐵住金へ。

Play Movie

品質管理のシゴト

鉄づくりのすべての工程に関わりながら、鋼材の品質を守り、改善する。狙った通りの品質かを確認する品質計測、求める特性を導く製造条件を検討する品質設計、さらに提供した鋼材の使い方に関するソリューション提案も行う。

CAREER STEP

君津製鉄所
品質管理部ソリューション室

2013

技術開発本部 鉄鋼研究所
利用技術研究部

2013

君津製鉄所
品質管理部・ソリューション室

2014

CAREER STEP

品質管理のシゴト

鉄づくりの多くの工程に関わりながら、鋼材の品質を守り、改善する。狙った通りの品質・特性を得るために最適な製造条件を検討する品質設計、さらに提供した鋼材の使い方に関するソリューション提案も行う。

会社の代表として
共同研究開発に参加

品質管理には研究開発が開発した新技術と、製鉄所がつくる新材料を結び付け、お客様に提案するミッションがあります。私は現在、需要家である自動車メーカーとの共同研究開発を行いながら、薄板の販売拡大に取り組んでいます。自動車業界は今、地球温暖化問題を背景に、CO2排出量の削減に向けて、車体の軽量化が進められています。そうしたニーズに対して当社では、薄さ(軽さ)と強さ(強度)を両立させるハイテンという材料の開発に磨きをかけています。ただし鉄鋼材料は強度を上げると延性が低下してしまうため、狙った形に加工しようとすると破断しやすくなるという課題があります。そこで私たちは、鉄に精通したプロフェッショナルとして加工方法についてのソリューションを提供します。また鉄の特性を活かした構造の提案も行っています。自分の技術で、より進化した未来の自動車づくりに貢献できるのは、この仕事ならではの醍醐味です。

お客様に最も近い立場で
商品開発に携わる

「技術者としてお客様と最も密接に関わることができる」という理由で、品質管理を希望しました。また入社後約半年後からの1年間は、当社のコア技術開発を担う鉄鋼研究所で、必要な知識を学ぶ機会を与えてもらいました。研究所時代の上司との出会いは、当時はまだ新人で、自信のなかった私の大きな支えになりました。「新しい技術の前では、全員が平等」「自分の研究は自分が一番知っているという気概を持たなくては、前に進めない」というアドバイスは、常に私の心の中にあります。いつか自分自身で特許性の高い技術を開発しそれを世界中の顧客展開できる開発者に成長したいと思います。

オフの過ごし方

休日は愛車を2時間かけて手洗いで洗車しています。今の愛車は3年かけて妻を説得して買った車なのでかわいくてたまりません。ただ妻にはその愛を理解してもらえないため、いつも洗車のときは冷たく見送られます…
また平日は、一人の時間をうまくリフレッシュに使っています。マイカー通勤の車内で、大音量で好きな声優の歌を聴くことをちょっとした楽しみにしています。

新日鐵住金で活躍する社員

使う人の声を直接聞けることが次の開発へのモチベーションになる

操業技術橋本 晃 
AKIRA HASHIMOTO

製鉄の最上流工程と向き合いながら、エンジニアとしての成長を目指す

設備技術関口 佳那 
KANA SEKIGUCHI

使う人の声を直接聞けることが次の開発へのモチベーションになる

品質管理石井 誠也 SEIYA ISHII

未来の鉄をつくるテクノロジーを探る

研究開発佐藤 妃奈 HINA SATOH

使う人の声を直接聞けることが次の開発へのモチベーションになる

ITシステム古澤 悠 YU FURUSAWA

OTHER CONTENT

最高峰の技術力 世界のトップと評価される研究開発力を持つ新日鐵住金は、
3つの中央研究組織を中核としています。
事務系職種