新日鐵住金

RECRUITING 2019 RECRUITING 2019

世界で戦う新日鐵住金

業界の発展と産業の進化をリードする

新日鐵住金は、圧倒的な「グループの総合力」をいかし、「世界最高水準の技術」を世界の市場に向けて発信しています。果敢な事業投資による「グローバル戦略」を推進し、世界の市場環境をとらえて自らが変化を続けながら、鉄鋼業界の発展と鉄が支える産業の進化をリードします。

鉄鋼業界の今と未来

鉄鋼は、数ある素材のなかでも、桁違いの市場規模を持っています。自動車、船舶、航空機、鉄道、産業機械、橋梁、パイプライン、家電など、幅広い業界を鉄が支えています。

鉄鋼業界の市場規模

世界鉄鋼需要量の推移

世界の鉄鋼の需要量は、2000年度7.6億tが2017年度15.1億tと伸び、さらに2050年度22億tまで拡大すると見込まれています※1

※1 出所:worldsteel(世界鉄鋼協会)、RITE(地球環境産業技術研究機構)/最終鋼材ベース

新日鐵住金の挑戦

新日鐵住金は、世界市場で中長期的な成長が見込めるこの戦略3分野にフォーカス。付加価値の高い高級鋼を提供しシェアの拡大を図っていきます。

FIELD 01

自動車
〜次世代自動車を形にする〜

ガソリン車の性能向上(軽量化等)が進むと同時に、ハイブリッドカー、電気自動車など次世代エコカーへの対応が求められる自動車市場。薄さ・軽さ・強さを兼ね備えた車体用の鋼板や、エコカーで使われる駆動モーター用電磁鋼板などを提供しています。

FIELD 02

資源エネルギー
〜地球・人類の課題を解決する〜

世界的な人口の増加や経済発展に伴うエネルギー需給のひっ迫が想定される中、安定的な資源エネルギーの確保、自然エネルギーへのニーズが高まっています。石油や天然ガスの過酷な採掘環境で活躍するパイプ、風力発電向け厚板や燃料電池車向けの水素ステーション用の鋼管などに強みを持っています。

FIELD 03

インフラ(土木建築・鉄道)
〜国々の発展を支える〜

新興国を中心とする世界各地の土木建築では、日本の最先端マーケットで培われた高品質な土木・建築用鋼材が使用されています。また鉄道分野では、車輪・車軸・台車・レール向けに、高機能、長寿命、かつ安全性を実現する鋼材を提供しています。