私たちの身の回りにある金属製品は、90%以上が鉄でできています。道路や建物などの大規模なものから、自動車や家電のように生活に密着した製品、パソコンや携帯電話の部品など、目に見えないところでも鉄鋼製品が活用されています。あらゆる分野でさまざまな特性を持つ鉄鋼製品が必要とされるため、大規模な粗鋼生産能力を活かした多品種少量生産により、社会のニーズに応えています。

船舶、橋梁、高層ビルなどの社会基盤を支える大型構造物や、石油・天然ガス採掘用の海洋構造物やタンクに使用される「厚板(あついた)」。自動車、家電、住宅、飲料缶、変圧器などに使用される「薄板(うすいた)」。釘、針金、ワイヤロープなど、幅広い分野で活用される「線材」。H型鋼、鋼矢板、鋼管材、レールなど、土木・建築に使用される「建材」。水道やガス、石油を運ぶパイプとして使用される「鋼管」。車輪・車軸などの鉄道車両用品と自動車用鍛造クランクシャフトをつくる「交通産機品」。チタンや特殊ステンレスの持つ特性を活かし、航空機から環境・エネルギーまで幅広い分野で貢献する「チタン・特殊ステンレス」。新日鐵住金は、主にこの7つの領域でさまざまな特性を持つ製品を生み出しています。