火力・水力・原子力発電所で求められる鋼材は、いずれも要求水準が極めて高いものばかりですが、新日鉄住金グループの技術を集結し、高温・高圧に耐える鋼材や、高効率な発電に寄与する先端的な鋼材を幅広く取り揃えています。
また、新日鉄住金エンジニアリングでは「オンサイト発電事業」も展開をしており、オーダーメイドの高効率システムによりエネルギーコストを削減することが可能です。

特長

「燃料タンク」「ボイラ」「タービン」「送配電」など幅広く適用される新日鉄住金グループ製品

新日鉄住金では、厚板・ステンレス鋼・電磁鋼板・チタン管・鋼管・建材など、発電~送電時に求められる幅広い鋼材を、最先端の品質で取り揃えています。

幅広く適用できる新日鉄住金グループの製品 (火力発電の例)
燃料タンク・ボイラー・タービン・発電機等
  • 燃料タンク → 低温用鋼板
  • 燃焼炉炉壁 → 高温配管用鋼板
  • 過熱器、再熱器、節炭器、排熱回収 → 鋼管
  • 発電機 → 電磁鋼板
  • 復水器 → チタン、ステンレス
  • 冷却水循環ポンプ、パイプ → 鋼管
  • 煙突 → 耐食性厚板
  • 煙道周辺 → 鋼管
  • ケーシング → 厚板
送配電
  • 変圧器 → 電磁鋼板
  • 柱上変圧器ケース → ステンレス(耐塩性鋼板)
基礎部、建屋
  • 取水路・放水路 → 合成セグメント
  • 建屋他 → 厚板、建築用製品、土木用製品

【最先端鋼材の例(1)】 発電機・変圧器などで利用される新日鉄住金の「電磁鋼板」

  • 発電所などの発電機、送電する際の変圧器などの"鉄心"に使用される電磁鋼板では、電磁鋼板を磁化した際に失われるエネルギーロス(鉄損)を如何に低減するかがポイントとなります。
  • 新日鉄住金では、1924年の生産開始以来この鉄損の低減に挑み続け、現在では飛躍的に鉄損を低減した電磁鋼板を開発・提供し、省エネルギーに貢献しています。

【最先端鋼材の例(2)】 ペンストックに採用される「ハイテン100キロ鋼」

  • 水力発電において、発電所の水車へ水を導くために使用される水圧鉄管であるペンストックにおいて、高強度・高靭性・溶接性の両立に加えて、脆性き裂の伝播停止特性にも極めて優れている新日鉄住金のハイテン100キロ鋼が採用されています。
  • 強度と靭性を両立するため、世界唯一の垂直型連続鋳造設備による偏析や非金属介在物の極めて少ない高品質スラブを用いて高度に制御されたTMCP技術を駆使することにより製造可能になりました。
製作中のペンストック

【最先端鋼材の例(3)】 煙突の内装に使用される「高耐食ステンレス鋼」

火力発電所の煙突の内装には、耐食性の点からステンレス鋼が使用されます。
特に重油焚きボイラー・石油焚きボイラーでは、耐硫酸性・耐塩化物イオン性の点から高耐食ステンレス鋼NSSC260が採用されています。

NSSC260が採用された煙突

【最先端鋼材の例(4)】 耐蝕性の観点から復水器に採用される「チタン管」

  • 発電プラントの蒸気タービンで使用した蒸気を、冷却水との熱交換によって冷却・凝結(復水)する復水器では、冷却水に海水を使用する場合、耐蝕性の観点から管と管板には殆どチタンが採用されます。
  • 国内外の発電所向けに新日鉄住金のチタン管、管板(含む爆着クラッド製品※)が広く採用されているのは、当社のチタン製品に対する信頼性の証しと考えています。 (※爆着クラッドは当社チタン板を旭化成(株)殿が爆着加工を行ったものです。)

オンサイト発電とは?

オンサイト発電事業では、お客様の敷地内にエネルギー供給プラントを設置し、 長期間(10年~15年程度)にわたり、 お客様工場の操業に必要なエネルギー(電気・蒸気等)を供給する仕組みを一式提供します。 新日鉄住金エンジニアリングがこの事業を展開しています。

新日鉄住金エンジニアリングが、設備の設計~運営までをトータルで行います

エネルギーコストの削減に寄与

新日鉄住金エンジニアリングでは、オーダーメイドの最適エネルギー供給システムによる安価なエネルギー供給を実現しています。
例えば、電気・蒸気・純水などのユーティリティを一括供給している富士フイルム九州(株)殿では、導入前に比べて一次エネルギーが76%(=24%削減)に、またCO2量も87%(=13%削減)に低下しています。

富士フイルム九州(株)殿の事例
運営の主なポイント
  • エネルギー供給設備は、新日鉄住金エンジニアリングが設計・建設から操業までを行っており、本事業においてはお客様のエネルギー設備関連のマンパワーは一切不要になっています。
  • 燃料は、新日鉄住金グループから環境性に優れたLNGを調達しています。
  • 新日鉄住金エンジニアリングのオペレーターが本事業所に24時間体制で常駐し、更には東京(新日鉄住金エンジニアリング本社)・千葉(君津製鉄所構内)でも運転監視を行っています。
  • ガスタービン、大規模UPS(日本最大規模)、高速遮断機を設置し、系統事故(瞬低)の影響を回避しています。
発電プラントのイメージ

豊富なエネルギー関連事業経験が、安定操業を実現

新日鉄住金エンジニアリングでは、新日鉄の製鉄所で培われたエネルギープラントの設備操業力、エンジニアリング力をベースに、グループ全体での発電所・ガス供給基地運営・エネルギー関連事業経験があることから、多くの法定技術者や専門スタッフが在籍しており、安定した操業を可能にしています。
かつ、設備資産は新日鉄住金エンジニアリングが保有し、設備の効率や性能、メンテンナンス費も新日鉄住金エンジニアリングが保証するため、効率の低下やメンテナンス費用の増加といった将来的なリスクも回避することができます。

お問い合わせ

  • 「施工・エンジニアリング」

新日鉄住金エンジニアリング(株)

カタログ一覧

厚板/総合カタログ

耐硫酸・塩酸露点腐食鋼 S-TEN® 技術資料

ほうろう用鋼板

ガルバリウム鋼板®

電磁鋼板/ELECTRICAL STEEL SHEETS/电工钢板

建設用資材ハンドブック

新日鉄住金の鋼管

配管用鋼管

化学工業用シームレス管(ステンレス鋼・Ni基合金)

ボイラ用シームレス鋼管

ボイラ・熱交換器用電気抵抗溶接鋼管

ポリエチレン被覆鋼管

チタン

高耐食・耐熱合金

耐熱用オーステナイトステンレス鋼

こんな品種が使われています

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ