"ICT"を活用した社会インフラの"長寿命化と予防保全支援"

ICT* 活用による社会インフラの運用保守の高度化

Internet of Things

PC、スマートフォン等の情報通信・機器だけでなく、家電、自動車、ビル、道路、橋、電力網といった社会インフラ、建設機械、製造設備などの多種多様な「モノ」がインターネットに接続され、ヒトとヒト(H2H)、ヒトとモノ(H2M)、モノとモノ(M2M)が相互に情報交換することにより新たな価値が生み出されています。

社会インフラへの適用

橋梁や道路といった社会インフラの分野でも各種センサーを設置して、劣化や異常の状況をリアルタイムに把握し、適切なメンテナンスを行うことで、設備の長寿命化、利用者の安全確保を実現できます。

*= ICT(Information and Communications Technology)

NSSOLの取り組み

  • 新日鉄住金ソリューションズは、新日鉄住金グループのICTを担うセグメント会社として、新日鉄住金グループ各社と連携して、お客様と一緒になって社会インフラの長寿命化に取り組んで参ります

IoTサービスレイヤと関連技術

取り組み事例

  • 新日鉄住金エンジニアリング(株)とのARを活用した設備運用・保守の実証実験


ご注意とお願い
本資料に記載された技術情報は、製品の代表的な特性や性能を説明するものであり、「規格」の規定事項として明記したもの以外は、保証を意味するものではありません。 本資料に記載されている情報の誤った使用または不適切な使用等によって生じた損害につきましては責任を負いかねますので、ご了承ください。 また、これらの情報は、今後予告なしに変更される場合がありますので、最新の情報については、各会社にお問い合わせください。 本資料に記載された内容の無断転載や複写はご遠慮ください。 本資料に記載された製品または役務の名称は、当社および当社の関連会社の商標または登録商標、 或いは、当社および当社の関連会社が使用を許諾された第三者の商標または登録商標です。その他の製品または役務の名称は、それぞれ保有者の商標または登録商標です。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ