交通産機品 [Railway, Automotive, Machinery Parts]

ニュース

車輪

車輪は、車軸とともに、鉄道車両の安全を、文字通り床下から支える最も重要な車両部品です。しかも、高速車両では、300km/hを超える時代が到来しており、また、地下鉄や近郊電車では、加速や制動の性能が向上し、車輪の使用条件は、ますます厳しくなりつつあります。しかし、車輪は、常に、絶対に安全でなければなりません。

当社は、国内唯一の車輪メーカーとして、永年に亘って、高品質の車輪を供給することにより、顧客の皆様から、その信頼性を、高く評価していただいております。同時に、製造、設計の両面に於いて、不断の技術革新に取組み、より高性能な車輪を開発することにより、時代の要求に応えて参りました。これらの新技術は、国外でも、高く評価されており、その結果、世界各国で、多くの当社製車輪が用いられています。

特長

卓越した清浄度

過酷な荷重条件では、車輪材料中の不純物や空孔欠陥は、内部亀裂の原因となります。したがって、北米では、貨車車輪の損傷防止のため、超音波検査基準が厳格化されました。

新日鉄住金の車輪は、優れた製鋼技術により、世界一級の清浄度を有し、余裕をもって合格できます。

Estimation of permissible defect size according to fracture mechanics
Tread dia. : φ914mm (36") Static wheel load : 160kN (36,000lbs)
US Patent No. US 6,357,297 & US 6,372,057

許容欠陥サイズの破壊力学的推定

技術開発

当社は、時代の要求に応える新製品について、常に研究開発を進めており、鉄道業界へ貢献しています。その中の代表的なものの1つに、踏面ブレーキによる熱影響に対して優れた耐久性能を持つ『HT車輪』に、「波板が平板より剛性が高いことで、平板よりも厚みを薄くできる」という考え方を組合せて軽量化を図った『新波打(HT波打)車輪』があります。

HT車輪(High Toughness Wheel)

HT車輪は、踏面ブレーキによる熱影響を受けても、残留応力変化しにくい車輪として、当社が世界に先駆けて開発しました。
High Toughness Wheel (High fracture resistance wheel) which can reduce harmful residual stress caused by thermal input by tread braking has been developed by NSSMC first in the world.


Residual stress distribution after drag braking
V=80km/h(50mph), μP=300kgf(660lbs.), 1hour duration

新波打(HT波打)車輪

HT車輪の考え方を、波打車輪に適用し、新波打車輪を開発しました。軽量化と耐ブレーキ熱性能を合わせ持つ車輪です。
New (HT) Corrugated Wheel has been developed based on the same concept of High Toughness Wheel.
It has special features of light weight and high fracture resistance.


防音車輪

防音車輪は、車輪に取り付けた防音部材により、曲線通過時の騒音(きしり音)を抑制します。
Noise damped wheel can reduce squeaking noise at curved track owing to damping attachment.

周波数分析結果 Analysis of noise measurement

製品紹介

A種一体車輪(A type Wheel)

A種波打車輪(A type Corrugated Wheel)

A種耐ブレーキ熱(HT)車輪(A type High Toughness Wheel)

A種耐ブレーキ熱 新波打車輪(A type High Toughness Corrugated Wheel)

B種一体車輪(B type Wheel)

B種波打車輪(B type Corrugated Wheel)

C種車輪(C type Wheel)

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

レールに関するお問い合わせは建材からどうぞ