鉄道車両用の車輪・車軸・台車や、自動車エンジンの重要部材であるクランクシャフトなどの型鍛造品を製造・販売しています。極めて高い信頼性と安全性に対するニーズに応えます。

製品情報

鉄道車両品

特 長

卓越した清浄度

過酷な荷重条件では、車輪材料中の不純物や空孔欠陥は、内部亀裂の原因となります。したがって、北米では、貨車車輪の損傷防止のため、超音波検査基準が厳格化されました。

新日鉄住金の車輪は、優れた製鋼技術により、世界一級の清浄度を有し、余裕をもって合格できます。

許容欠陥サイズの破壊力学的推定

Estimation of permissible defect size according to fracture mechanics
Tread dia. : φ914mm (36") Static wheel load : 160kN (36,000lbs)
US Patent No. US 6,357,297 & US 6,372,057

技術開発

当社は、時代の要求に応える新製品について、常に研究開発を進めており、鉄道業界へ貢献しています。その中の代表的なものの1つに、踏面ブレーキによる熱影響に対して優れた耐久性能を持つ『HT車輪』に、「波板が平板より剛性が高いことで、平板よりも厚みを薄くできる」という考え方を組合せて軽量化を図った『新波打(HT波打)車輪』があります。

新波打(HT波打)車輪

HT車輪の考え方を、波打車輪に適用し、新波打車輪を開発しました。軽量化と耐ブレーキ熱性能を合わせ持つ車輪です。

Residual stress distribution after drag braking
V=80km/h(50mph), μP=300kgf(660lbs.), 1hour duration

HT車輪(High Toughness Wheel)

HT車輪は、踏面ブレーキによる熱影響を受けても、残留応力変化しにくい車輪として、当社が世界に先駆けて開発しました。

防音車輪
周波数分析結果 Analysis of noise measurement

製品紹介

種別
Type
一体車輪
Solid Wheel
波打車輪
Corrugated Wheel
A種
A type
A種一体車輪
A type Wheel
A種波打車輪
A type Corrugated Wheel
A種耐ブレーキ熱(HT)車輪
A type High Toughness Wheel
A種耐ブレーキ熱 新波打車輪
A type High Toughness Corrugated Wheel
B種
B type
B種一体車輪
B type Wheel
B種波打車輪
B type Corrugated Wheel
C種
C type
C種車輪
C type Wheel

特 長

最適な設計

ユーザ各位の用途に合わせ、永年の経験と実績をもとに、歯車・歯車箱・軸受等の部品を含めたトータル設計を行っています。特に、近年、新幹線をはじめとする新型車両の高速化が進められており、当社ではご期待に添うべく、更なる軽量化と静粛性および安全性の向上をめざした開発・設計を行っています。

優れた試験設備

出荷回転試験機はもとより、駆動装置専用高速負荷回転試験機、常温・低温起動評価試験機ならびに継手揺動負荷試験機等々の形式試験機をそなえ、最適な評価に努めています。

高度な製造技術&設備と一貫した品質管理体制

各種歯車に適した製鋼設備、鍛錬設備、熱処理設備および歯切り・歯研設備をそなえ、一貫した品質管理の下に高品質の歯車を製造しています。また、歯車箱は高精度の機械加工を施し、各種設備の充実した防塵室内にて、厳しい管理体制の下に組立・検査を行っています。

製品紹介

在来線用歯車装置(一体形歯車箱)

在来線用歯車装置(分割形歯車箱)

新幹線用歯車装置(アルミ歯車箱)

駆動装置の構造

歯車型継手 Gear Coupling

特徴

すぐれた製造技術と設備

各種製品の製造に適した製鋼設備、鍛造設備、熱処理設備、機械加工設備、試験設備をそろえ、長年培ってきた高度な製造技術により高精度の形状と、安定した品質を確保しています。

良質な鍛造材

NC(Numerical Control)制御で製造しており、取代が均一です。しかも4方向から同時に鍛造を行うことにより、良質で安定した製品の製造が可能です。

高い寸法精度

軸部の旋削、研削、端面加工当については、生産性の高い各種自動機械加工設備を備え、各形状に最も適した工作機械による加工で、高い寸法精度を得ています。

一貫した品質管理体制

当社の製鉄所、および電気炉から供給される高品質の鋼塊、またはビレットを使用し、素材から出荷に至るまでのすべての工程において、一貫した厳しい管理体制のもとに製造を行っています。

製品紹介

電車用駆動軸

電車用従軸

貨車用従軸

中ぐり車軸

ばね下重量の軽減をはかるため開発された車軸で、1本あたり20%前後の重量軽減が可能です。
また、内側からの超音波探傷ができ、検査が正確かつ簡単に行えます。

高周波焼入車軸

車軸表面に高周波焼入れを施し、疲労強度を大幅にアップさせた製品です。
高速・高荷重の車両に多く用いられています。

特徴

現在、主流の連結器は、密着連結器と呼ばれ連結部にすきまが生じないという特徴から、車両の起動時および制動時に良好な乗り心地を発揮しております。この連結器は廻り子式と呼ばれており、連結面間には錠と呼ばれる部品により互いの連結を保持し、新幹線用をはじめ民営・公営鉄道に広く使用されております。
また、車両の高速化ニーズ及び曲線通過性向上を目指した車両用の連結器の仕様にも対応できる連結器構造も設計・製造が可能となっております。

ゴム緩衝器については、車両の長大編成化および起動時及び制動時におけるショック音を防止するためにWアクション型緩衝器を開発し、民営・公営鉄道の車両に広く使用されております。

製品紹介

連結器

自動解結型密着連結器
半永久型連結器
新幹線用密着連結器
密着型自動連結器
棒状連結器

ゴム緩衝器

Wアクション型
騒音レベル:10~15dB 低下

特徴

すぐれた製造技術

輪軸の組立には締結部品は無く、はめ合い部の締め付け力のみで固定する締りばめの方法が取られています。はめ合い部の高精度な寸法管理や油圧を利用してはめ合いを滑らかに行う油圧ばめ技術を有しています。

すぐれた設備

多品種対応の車輪圧入設備や軸受圧入設備、組立後の振れやバランスの測定装置、また回転試験装置などを有しています。

製品紹介

高速用駆動輪軸

高速用従輪軸

通勤電車用駆動輪軸

通勤電車用従輪軸

特徴

新幹線用台車は、時速300km/h以上での走行安全性と良好な乗り心地が要求されており、特に、安全については細心の注意を払い各種の試験を実施して設計・製造しています。現在は、さらなる高速走行を目指した新しい台車の開発にも取り組んでいます。

民鉄・公営鉄道の通勤車両用台車については、お客さまからのさまざまなニーズを反映するとともに、長年のノウハウをもとに路線毎に最適な台車となるように設計・製造しています。この中で、リニアモーター車両用台車は、台車高さを低く抑えることで車両全体を小型化することができ、その結果トンネルの断面積を小さくすることで建設費を節減する画期的な台車です。また、路面電車は、バリアフリー対応として、車両床面を低くするために台車についてもコンパクトな構造となるように設計しています。

製品紹介

新幹線用台車
電車用ボルスタレス台車
電車用ボルスタ付台車
リニアモータ地下鉄用台車
低床路面電車用台車
気動車用ボルスタレス台車
気動車用ボルスタ付台車

特徴

鍛鋼ブレーキディスクの特徴

  1. 1. 優れた耐熱き裂性
  2. 2. 十分に高い破壊靭性値
  3. 3. 優れた耐摩耗性

製品紹介

車輪側取り付けディスク

特長

動揺防止制御

鉄道車両の左右方向の振動を従来の半減以下と抜本的に改善する装置であり、世界で初めて商品化に成功し、これまでに新幹線や特急車などの優等列車にご採用いただいています。車体の揺れを検知すると、車体・台車間に設置したアクチュエータで車体の振動を打ち消すように動作させます。当社ではさらに各車両、各路線に最適なチューニングを実施し、お客さまのニーズにあわせた乗り心地を提供することができます。

空気ばね車体傾斜制御装置

曲線通過時の速度を現行速度に対して10~15km/hの向上が可能な装置であり、その結果、列車の到達時分を大きく縮めることができます。台車に設置された空気ばねに空気を給排気することで車体を傾け、オートバイが曲線を曲がる時のようにスムーズに曲線を通過します。振り子車両に比べ台車の構造が非常にシンプルでメンテナンス性にも優れています。

動揺モニタシステム

車両の異常振動の判断や乗り心地管理に活用可能なデータを提供する機能をもっています。例えば走行安全性に直結する「だ行動」の発生を常時監視し、さらに、車両検査・メンテナンスに活用可能な車両振動・乗り心地データを記録することが可能です。加速度センサーと信号処理装置のみのシンプルな構成で実現できます。

製品紹介

動揺防止制御

Wアクション型

空気ばね車体傾斜制御装置

特徴

  • 軽量でコンパクト。
  • 応答性が良い。
  • 部品数が少なく、メンテナンス性に優れている。

製品紹介

新幹線用キャリパ
モノレール用キャリパ
新交通システム用キャリパ

鉄道車両用車軸変動荷重回転曲げ疲労試験機

概要

車軸は実体強度を正確に把握することが安全性と軽量化を両立させる上で極めて重要となります。実体車軸による疲労試験は、試験機の制約から一定振幅荷重で行われていましたが、実際の車両では荷重は常に変動しており、実体が再現されているとは言い難い状況でした。そこで、従来の固定荷重回転曲げ疲労試験に代わり、より実体走行に近い変動荷重条件設定が可能な試験機が1995年に導入されました。

特徴

実体を模した試験が可能

実体車軸に合せた試験車軸と試験車輪の組み合わせにより、はめ合い部を含む車軸の疲労強度検証が可能です。

自動制御での試験が可能

最大荷重は157kNまで可能であり、条件をプログラムに登録しておけば長期間無人運転の試験が可能です。

鉄道車両用高速ブレーキ試験機

概要

車両の高速化に伴い、鉄道用のブレーキディスクの高速ブレーキ性能を調査するニーズが高いことから、従来の踏面・ディスクブレーキ試験機に加え、新たに2001年に高速ブレーキ試験機を導入しました。600km/h相当までのブレーキ試験が可能であり、基本ブレーキ性能試験、耐久試験等が可能な他に、ブレーキトルク、減速度等を制御する実車に近いランカーブ試験等ができることが特徴です。

特徴

高速化に対応したブレーキ試験が可能

ブレーキ試験最高速度は600km/h(直径860mmの車輪)を実現し、高速化に対応したブレーキ性能試験・耐久試験を実施することが可能です。(直径860mmの車輪では400km/h、16Ton相当の高負荷ブレーキ試験も可能)

様々なブレーキ制御試験(ランカーブ)が可能

トルク一定制御、減速度一定制御等のブレーキ試験が可能で、勾配、ランカーブ、走行風等を考慮した実車に近い条件でのブレーキ試験が可能で、平均摩擦係数、トルク等の試験結果も自動記録することが出来ます。

鉄道車両用駆動装置専用 高速負荷回転試験機

特徴

高速化対応

試験最高速度500km/h(当社従来比+200km/h)を実現し、高速化開発にお応えします。

実車トルク負荷による評価

従来は車両完成後の現車走行試験で性能の検証を行なっていましたが、この試験機により、実車トルク負荷条件での特性シミュレートが可能です。

音響特性の分析と予見設計

半無響室と車軸・ピニオン軸による駆動方式を採用することにより、他の騒音源の影響を受けることなく、駆動装置本体からの音源・音響特性の分析が可能となり、的確に予見設計が行えます。

鉄道車両用台車回転試験機

概要

新幹線を始めとする高速鉄道は、環境・エネルギー問題からも注目を集めており、さらなる高速化のための研究も行われています。台車回転試験機では、車体に相当する荷重枠を上に載せ、レールに相当する軌条輪を回転させることによって、鉄道車両の走行安定性を始めとする高速で走行した場合の諸問題を事前に解決することができます。

特徴

高速化に対応した試験が可能

試験最高速度500km/h以上を実現し、今後のさらなる高速化に対応した走行安定性の確認試験を実施することが可能です。

実車トルク負荷による評価

従来は車両完成後の現車走行試験で性能の検証を行なっていましたが、この試験機により、実車トルク負荷条件での特性シミュレートが可能です。

あらゆる種類の台車に対応した試験が可能

軌間や軸間距離の変更が可能であり、さまざまな台車の試験を実施することが可能です。

鉄道車両用台車疲労試験機

概要

鉄道車両の台車には非常に高い安全性が要求される一方で、軽量化も重要なポイントとなります。台車疲労試験機では、実物の台車に実際の使用条件を考慮した繰り返し荷重を負荷して長期使用に対する強度評価試験を行うことができます。

特徴

さまざまな荷重条件での試験が可能能

正弦波や矩形波等いくつかのパターンによる荷重波形や実態を模した荷重波形までさまざまな荷重条件での試験が可能です。

実車トルク負荷による評価

従来は車両完成後の現車走行試験で性能の検証を行なっていましたが、この試験機により、実車トルク負荷条件での特性シミュレートが可能です。

自動制御での試験が可能

自動制御により長期間無人運転による疲労試験が可能です。

自動車・建設機械品

産業機械品

こんな用途に使われています

船舶・建産機・航空機

安全データシート(SDS)のお申し込み

品種 製品(群) 整理番号 担当部門 備考
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-2 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-3 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-4 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-5 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-6 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-7 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-8 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-9 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-10 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-11 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-12 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-13 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-14 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-15 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車軸 交製品証発-903-16 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-2 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-3 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-4 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-5 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-6 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-7 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-8 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-9 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-10 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-11 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-12 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-13 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-14 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-15 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用車輪 交製品証発-904-16 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-2 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-3 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-4 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-5 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-6 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-7 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-8 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-9 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-10 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-11 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-12 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-13 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-14 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-15 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用ブレーキディスク 交製品証発-905-16 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-2 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-3 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-4 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-5 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-6 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-7 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-8 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-9 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-10 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-11 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-12 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-13 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-14 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-15 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 環状品 交製品証発-906-16 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用歯車 交製品証発-907 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鉄道用連結装置鋳鋼品 交製品証発-908 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 型鍛造品(クランクシャフト、フロントアクスル、航空機用脚部品) 交製品証発-909 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-2 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-3 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-4 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-5 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-6 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-7 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-8 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-9 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-10 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-11 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-12 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-13 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-14 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 鍛鋼品 交製品証発-910-15 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 Ti-Ni形状記憶合金ワイヤー 交製品証発-911-1 交通産機品営業部

申し込む
交通産機品 Ti-Ni形状記憶合金ワイヤー 交製品証発-911-2 交通産機品営業部

申し込む

「安全データシート(SDS)の品種別分類表」のダウンロードはこちらから

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ


※レールに関するお問い合わせは建材からどうぞ