防波堤

カーテンウォール方式

カーテンウォール方式

構造の特徴

  • 上部コンクリートとプレキャスト版で波高を低減します。 (透過形)
  • 鋼管杭の 支持力 と 曲げ 耐力で 波力に 抵抗します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

二重壁方式

二重壁方式(壁体:鋼管矢板or鋼管杭or鋼矢板)

構造の特徴

壁体(鋼管矢板・鋼管杭・鋼矢板)と中詰材が一体となって波力に抵抗します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

鋼矢板セル方式

鋼矢板セル方式

構造の特徴

  • 鋼矢板セルと中詰材が一体となって波力に抵抗します。
  • 海底面下に比較的良好な基礎地盤が存在する場合は直線鋼矢板の根入れ長が少なくて済みます。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

ハイブリッドケーソン方式

ハイブリッドケーソン方式

構造の特徴

  • 鋼板-コンクリート合成部材によりRCケーソンに比べ大きな曲げ耐力が得られます。
  • RCケーソンに比べ堤体幅を大さくすることができます。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

自立鋼管杭式

自立鋼管杭式

構造の特徴

  • 上部コンクリートとプレキャスト版で波高を低減します。 (透過形)
  • 鋼管杭の 支持力 と 曲げ 耐力で 波力に 抵抗します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

水中ストラット式

水中ストラット式(格点式ストラット工法)

構造の特徴

鋼管矢板,鋼管杭,補剛材(ストラット部材)で構成されるラーメン構造により波力に抵抗します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

関連情報

防潮堤

防潮堤の補強対策(壁体:鋼管矢板)

防潮堤の補強対策(壁体:鋼管矢板)

構造の特徴

  • 大規模な津波に対する防潮堤のかさ上げを目的として、背面に鋼管矢板壁等を設置して防潮壁高を高めます。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

防潮堤の補強対策(鋼管杭によるコンクリートブロック基礎)

防潮堤の補強対策(鋼管杭によるコンクリートブロック基礎)

構造の特徴

  • 防潮堤の転倒、滑動を防止するために、既設のコンクリートブロックを鋼管杭で打ち抜き、支持力を確保します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

防潮堤の新設対策(鋼管杭によるコンクリートブロック基礎)

防潮堤の新設対策(鋼管杭によるコンクリートブロック基礎)

構造の特徴

  • コンクリートブロック防潮堤に鋼管杭基礎を適用して、津波の大きな水平荷重に抵抗します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

防潮堤と擁壁の一体構造化(壁体:鋼矢板、鋼管矢板)

防潮堤と擁壁の一体構造化(壁体:鋼矢板、鋼管矢板)

構造の特徴

  • 海岸線に矢板壁、鋼管矢板壁を設置し、防潮堤を構築するとともに、背面の造成を行います。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

関連情報

護岸、岸壁、桟橋

ケーソン護岸の転倒対策(矢板の前出し・控え斜杭)

ケーソン護岸の転倒対策(矢板の前出し・控え斜杭)

構造の特徴

  • 転倒、損傷したケーソン護岸の前面に鋼管矢板壁や矢板壁を設置し、ケーソンを埋め殺す形で背面の復旧を行います。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

控え矢板式護岸の損傷対策(自立鋼管矢板の前出しおよびかさ上げ)

控え矢板式護岸の損傷対策(自立鋼管矢板の前出しおよびかさ上げ)

構造の特徴

  • 背面の液状化、地盤沈下に対して、前面に壁体を設置し、既設岸壁をかさ上げする形で復旧します。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

桟橋式岸壁の洗掘対策(斜杭の増し杭による支持力補強)

桟橋式岸壁の洗掘対策(斜杭の増し杭による支持力補強)

構造の特徴

  • 津波による洗掘で地盤面および水深が低下した桟橋に対し、補強の鋼管杭を打設することで不足した支持力を補います。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

土工用水砕スラグ

土工用水砕スラグ

土工用水砕スラグは、護岸の裏込め、軟弱地盤対策用の覆土、路床、盛土用などに幅広く利用されています。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

(堤体・被覆石・捨石等)港湾工事用人工石材 /フロンティアストーン® フロンティアロック®

(堤体・被覆石・捨石等)港湾工事用人工石材 /フロンティアストーン® フロンティアロック®

フロンティアストーン®、フロンティアロック®は、製鋼スラグと高炉スラグ微粉末と水などを練り混ぜ、水和固化させて製造した人工石材で、天然石代替や無筋コンクリート代替等に用いられます。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

関連情報

人工地盤(市場、複合施設)

鋼構造人工地盤

鋼構造人工地盤

構造の特徴

  • CFT他の採用により耐震性・耐津波安全性に優れる人工地盤を短工期で建設できます。
  • 大スパン化の地盤下部は、魚市場、加工場として利用できます。

関連情報(製品カタログ・お問い合わせ先など)はこちら

関連情報

製品カタログ

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ