鋼管杭・鋼管矢板

近年では、構造物の大型化に加え、建設コスト低減と環境への配慮など基礎構造にはこれまで以上の性能が求められております。鋼管は他材料と比べ、優れた変形性能を有しているため、高い耐震性が発揮できるとともに外径・肉厚を選定することで、経済的な設計が可能であり、薄肉中空断面であるため施工性にも優れております。当社では、高い品質の鋼管杭・鋼管矢板を最新の設備で製造するとともに高い支持力と環境性に優れた各種工法を取り揃えております。また、鋼管杭および鋼管矢板の設計・施工に必要な各種プログラム、技術資料を整備し、みなさまのご要望にお応えする態勢を整えておりますのでご利用ください。

特長

1. 支持力が大きい

材料強度が大きく、支持層に確実に根入れすることが可能なため、大きな支持力を発揮できます。

2. 耐力が大きい

大きな断面剛性と曲げ強度により、地震時の大きな水平力にも抵抗することができます。

3. 優れた環境性能

断面積が小さいため、施工時の排土量が少なくなるとともに、低振動・低騒音工法の選択が可能です。

4. 任意のサイズが製造できる

設計に応じた長さ・外径・板厚が選定できるため、経済的な設計が可能です。

5. 長尺施工に適する

溶接継手が容易にできるため、支持層が深い地盤にも適用可能です。

6. 上部構造物との結合が容易である

杭頭部の鉄筋を介して、上部コンクリート構造物との結合が容易にできます。

7. 運搬・取り扱いが容易である

軽量であり、また、破損する恐れがないので、取り扱いが容易です。

材質

鋼種 化学成分(%) 機械的性質
C Si Mn P S 引張強さ
(N/mm2
降伏点または耐力
(N/mm2
伸び
(5号試験片)
(%)
鋼管杭 JIS A 5525
鋼管杭
SKK400
SKK400-IR※1
SKK400-OR※2
0.25以下 - - 0.040以下 0.040以下 400以上 235以上 18以上
SKK490
SKK490-IR※1
SKK490-OR※2
0.18以下 0.55以下 1.65以下 0.035以下 0.035以下 490以上 315以上 18以上
鋼管矢板 JIS A 5530
鋼管矢板
SKY400 0.25以下 - - 0.040以下 0.040以下 400以上 235以上 18以上
SKY490 0.18以下 0.55以下 1.65以下 0.035以下 0.035以下 490以上 315以上 18以上

※1 -IRは内面突起付鋼管

※2 -ORは外面突起付鋼管

突起付き鋼管

突起付き鋼管は、スパイラル状の突起を持ちコンクリートや地盤改良体などとの付着強度が優れているため、鋼管とコンクリートの合成構造や地盤改良体の芯材として活用できます。

突起仕様
項目 許容差
突起高さ(h) 2.5㎜以上
突起幅(B) 4㎜以上、20㎜以下
突起間隔(L) 30㎜以上、40㎜以下。
ただし、スパイラルシーム溶接部を挟んだ突起間隔(L')については、230㎜以下とする。
突起方向角度(θ) 40度以下

鋼管杭・鋼管矢板の関連技術

鋼管矢板基礎

  • 鋼管矢板を現場で円形、小判型、矩形等の閉鎖形状に連続して建て込み、鋼製の井筒基礎としたものです。
  • 大きな鉛直支持力と曲げ耐力を有しており、地震時に大きな水平抵抗力を期待できます。
  • 通常の継手構造に加え、作用荷重に応じた独自の継手も取り揃えております。

縞鋼管高耐力継手

  • 従来の平鋼管継手に代わり、縞鋼管継手を用いて継手のせん断耐力を上げ、継手のずれによる変形を抑えられることで、基礎形状のコンパクト化とコスト縮減を図れます。

SLP®・SLP®-Ⅱ

  • 杭表面にすべり層材料を塗布した鋼管杭工法であり、杭打設後の周辺地盤の沈下に対して、積極的にすべりを生じさせることで、杭体に作用するネガティブフリクションを低減させることを可能としました。
  • 地盤沈下の恐れがある建築物や土木構造物の杭基礎に適用されます。
公的認証
  • 建築技術性能証明
    (H16.1(財)日本建築総合試験所)

溶接成型突起付き鋼管

  • 溶接成型突起付き鋼管は、必要な範囲に溶接ビードで成型した突起を持った鋼管です。コンクリートや地盤改良体などとの一体性に優れ、鋼管とコンクリートの合成構造や根固めのずれ止めとして活用できます。
外径
  • 内面突起の場合:800㎜~2500㎜
  • 外面突起の場合:400㎜~1200㎜
板厚
  • 9㎜~25㎜
標準突起仕様
  • 突起高さ(h)-突起幅(B)の組み合わせ:h8㎜-B6㎜、h6㎜-B5㎜
  • 突起間隔(L):100㎜
  • 突起配置:円環(内面,外面)、螺旋(外面)

ラクニカンジョイント®

公的認証
  • 杭基礎設計・施工便覧
    (H19.1(財)日本道路協会)
  • 建設技術審査証明(H29.1(財)土木研究センター)
  • 港湾関連民間技術の確認審査・評価(H26.4(財)沿岸技術研究センター)

Hi-SHJ®

 (「Hi-SHJ®」はシントク工業株式会社の登録商標です。)

公的認証
  • 一般評定
    (H28.4(財)日本建築センター)

カタログ

鋼管杭・鋼管矢板 (1.90 MB)PDFファイル

  • 鋼管杭・鋼管矢板の特長
  • 鋼管杭・鋼管矢板本管の製造工程
  • 鋼管杭・鋼管矢板の材質
  • 鋼管杭・鋼管矢板の製造範囲
  • 鋼管杭・鋼管矢板の附属品
  • 鋼管矢板の継手形状
  • 鋼管杭・鋼管矢板の防食法
  • 鋼管杭・鋼管矢板の断面性能表
  • 鋼管杭・鋼管矢板の関連技術

新日鉄住金の鋼管杭・鋼管矢板工法 (8.72MB)PDFファイル

  • 工法
    • NSエコパイル®
    • ガンテツパイル®
    • RSプラス®
    • TN-X工法(TNX®工法)
    • ジャイロプレス工法®
    • 水中ストラット工法
    • 鋼管矢板基礎
  • 周辺技術・高強度鋼管
    • 杭頭合成構造 ハイブリッド鋼管杭工法
    • 杭頭拡張構造 拡頭リング工法
    • 機械式継手 ラクニカンジョイント®
    • 機械式継手 Hi-SHJ®
    • 突起付き鋼管 圧延突起付き鋼管
    • 突起付き鋼管 溶接成形突起付き鋼管
    • 高強度鋼管杭 NSPP®540
    • 高強度鋼管杭 570N級高強度鋼管杭

建設用資材ハンドブック 第1章 基礎土止用材[鋼管杭] (2.1 MB)PDFファイル

  • 鋼管杭
  • 突起付き鋼管
  • 溶接成型突起付き鋼管
  • NSPP®540(建築基礎構造用高強度スパイラル溶接鋼管)
  • 地すべり抑止鋼管杭
  • 重防食鋼管杭(NS-PAC®鋼管杭、高強度NS-PAC®鋼管杭)
  • 重防食鋼管矢板(NS-PAC®鋼管矢板)
  • TP工法(チタンカバー・ペトロラタム被覆工法) (日鉄住金防蝕)
  • ネガティブフリクション対策鋼管杭(SLP®
  • TN工法(中掘り杭工法)
  • TN-X工法(中掘り拡大根固め杭工法)
  • TBSR®工法(先端拡大根固め杭工法)
  • TB杭(耐震場所打ち杭;SKTB杭[KCTB杭])
  • STBC-SRII杭工法(場所打ち鋼管コンクリート杭)
  • ガンテツパイル®工法(鋼管ソイルセメント杭工法)
  • NSエコパイル®工法(回転圧入鋼管杭工法)(新日鉄住金エンジニアリング、新日鉄住金)
  • NSエコスパイラル®(新日鉄住金エンジニアリング)
  • RSプラス®工法(ウォータージェット併用バイブロハンマ工法で打設する先端根固め鋼管杭)
  • 水中ストラット工法
  • ジャイロプレス工法®(先端ビット付き鋼管杭自走式回転圧入工法)
  • コンビジャイロ工法®
  • パイプルーフ用鋼管
  • ガチカムジョイント®(機械式鋼管杭・鋼管矢板継手)
  • ラクニカンジョイント®(機械式鋼管杭・鋼管矢板継手)
  • Hi-SHJ®(機械式鋼管杭継手)
  • ハイブリッド鋼管杭工法(杭上部にコンクリートを部分充填した鋼管杭工法)
  • TCN®パイル(鋼管杭との接合用継手を有する外殻鋼管付きコンクリート杭)
  • つい太郎®(日鐵住金建材)
  • 拡頭リング工法®(鋼製拡径部材を用いた杭頭接合工法)

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。