形鋼

H形鋼(ハイパービーム®、NSGH®鋼、NSFR®鋼、NS-TWHTM鋼含む)

新日鉄住金のH形鋼は、豊富なサイズメニューの外法一定H形鋼「ハイパービーム®」をはじめとして、建築構造用TMCP極厚H形鋼「NSGH®」、建築構造用耐火鋼「NSFR®」など、様々なメニューを取り揃えております。

ハイパービーム®(NSYP®345、横補剛材省略工法含む)

新日鉄住金の外法一定H形鋼「ハイパービーム®」は、梁高さ・梁幅一定により設計簡素化と加工能率化を実現し、豊富なサイズバリエーションと優れた寸法・形状精度・正確なデリバリー等で信頼を頂いています。

スマートビーム®

新日鉄住金の溶接軽量H形鋼「スマートビーム®」は、熱延コイルから高周波抵抗溶接によって連続的に製造されるH形鋼です。

鋼矢板

鋼矢板

新日鉄住金の鋼矢板は、港湾・河川・土留・締切りなどの工事分野において使用され、優れた品質と施工性によって広くご好評をいただいております。

ハット形鋼矢板

新日鉄住金のハット形鋼矢板は、これまでのNS-SP-10H、NS-SP-25H、NS-SP-Jに加え、新たに「NS-SP-45H」、「NS-SP-50H」をラインアップし、ハット形鋼矢板の適用範囲を拡大しました。

ハイドレーンパイル

「NSSMCハイドレーンパイル」は、液状化による被害を抑止するため鋼矢板、鋼管杭などの鋼材に排水機能を与えた画期的な液状化対策鋼材です。

シートパイル基礎工法

構造物基礎のフーチング周囲に鋼矢板(シートパイル)を配置し、結合することで、耐震性・支持力性能を向上させる工法です。

鋼製壁体

NS-BOX

NS-BOXはフランジ端部に嵌合継手を持った鋼製部材で、部材相互を連結することにより、信頼性の高い地下壁体を構築することができます。

鋼管

鋼管杭・鋼管矢板

当社では、高い品質の鋼管杭・鋼管矢板を最新の設備で製造するとともに高い支持力と環境性に優れた各種工法を取り揃えております。

NSPP®540(建築基礎構造用高強度SPL溶接鋼管)

設計基準強度が400N/mm2の建築基礎構造用鋼管杭であり、本商品を使用することにより合理的・経済的な結成が可能となります。

NSエコパイル®

NSエコパイル®は、先端に「らせん状の羽根」を設けた鋼管を回転圧入する工法です。羽根のくさび効果で地盤を上方に押上げ、その反力を推進力とすることで、地盤へのスムーズな貫入が可能となります。

TN工法

TN工法とは、鋼管杭および鋼管矢板の管内にオーガスクリューを挿入して回転させ、杭先端部土砂を連続的に掘削排土しながら杭打機の自重を反力とした門型油圧押込装置により杭を所定の位置に圧入し、その後杭先端部にセメントミルクを20~24MPaの高圧で噴射し、先端根固め拡大球根を造成する工法です。

TN-X工法

TN-X工法は、高い信頼性を誇る鋼管と油圧式の拡縮掘削ヘッドにより確実に築造される拡大根固め部が一体となることで高い支持力性能を発揮することができる、低騒音・低振動・低排土の先端拡大根固め鋼管杭工法です。

ガンテツパイル®

ガンテツパイル®は、鋼管杭のじん性(変形性能)とソイルセメント固化体の摩擦抵抗の良さを併せ持つ合成鋼管杭です。

ジャイロプレス工法®

「ジャイロプレス工法®」は、先端にビットを取り付けた鋼管を自走式の回転圧入機「ジャイロパイラー」により列状に次々と回転圧入し、河川護岸や道路擁壁など壁構造を構築する鋼管杭工法です。

コンビジャイロ工法®

コンビジャイロ工法®は、剛性の高い鋼管杭と止水性に優れたハット形鋼矢板900を組み合わせた、合理的で経済性に優れた壁体構造を提供する工法です。

TCN®パイル

TCN®パイルは、地震力により大きな断面力が生じる杭体上部に適用する鋼管杭工法用のSC杭(外殻鋼管付きコンクリート杭)です。

ハイブリッド鋼管杭工法

ハイブリッド鋼管杭工法は、施工後の鋼管杭の杭上部にコンクリートを充填し、コンクリート充填鋼管とした杭体を構築する工法です。

拡頭リング工法

拡頭リング工法は、工場製作の拡径部材である拡頭リングを施工後の杭頭に設置し、内部にコンクリートを充填することによって杭頭部を一体化する杭頭剛接合工法です。

ゼロクリアランス工法

ゼロクリアランス工法は、専用に開発された圧入機ゼロパイラーとゼロ矢板(NS-SP-J)により、近接する構造物との隙間(デッドスペース)を「ゼロ」の状態で圧入施工することが可能な工法です。

RSプラス®

RSプラス®とは、杭先端の鋼管内面あるいは鋼管外周部に数枚のリブプレートを事前に工場で取り付けた鋼管杭を用いて、この鋼管杭の先端に取り付けたノズルから、高圧で水を噴射(ウォータージェット)し、バイブロハンマで所定の深度まで打設します。

水中ストラット工法

「水中ストラット工法」は、鋼管杭や鋼管矢板による構成された根入れ式ラーメン構造を、海中部において水中ストラット部材で補強した工法で、護岸・岸壁・桟橋・防波堤等に適用が可能です。

パイプルーフ

新日鉄住金は推進施工をより円滑に進めるため、特殊ジョイントを使用した新タイプのパイプルーフ用鋼管を開発しました。

機械式継手(鋼管向け)

ガチカムジョイント®

「ガチカムジョイント®」は鋼管杭・鋼管矢板の現場接合に用いる機械式継手でピン継手、ボックス継手、回転抑止キーから構成されます。

ラクニカンジョイント®

ラクニカンジョイント®は、鋼管杭・鋼管矢板の現場溶接接合に替わるものとして開発した機械式継手です(楽にかん合することからラクニカン®と命名)。

重防食

NS-PAC®(鋼矢板/鋼管杭/鋼管矢板)

新日鉄住金では、鋼矢板、鋼管杭及び鋼管矢板に工場でウレタンエラストマーを被覆して防食性能を付与した重防食製品として、「NS-PAC®鋼矢板」「NS-PAC®鋼管杭」「NS-PAC®鋼管矢板」を販売し、多数の実績を積み重ねています。

セグメント

NMセグメント 嵌合方式合成セグメント

新日鉄住金では、耐久性を見据えた新方式のセグメントの開発に取り組み(1990年~)、漏水やコンクリートの欠損などが生じにくいトンネル覆工体(嵌合(かんごう)方式合成セグメント)を提供しています。

HCCP®セグメント(コンクリート中詰合成セグメント)

HCCP®(Hybrid & Composite Concrete Packed)セグメントは、トンネル内面を除く5面を覆う鋼殻とあらかじめ工場で中詰されたコンクリートを一体化した、高強度・高品質(高止水性能)合成セグメントです。

覆工板

メトロデッキ®(路面覆工板)

新日鉄住金の覆工板−メトロデッキ®は、道路橋示方書の活荷重(T–25)に長期許容応力度で対応しており、安心してご利用いただけます。

鉄筋

異形棒鋼 DACON

新日鉄住金の異形棒鋼 DACONは、引張強度、付着強度、疲労特性、曲げ特性、圧接性、溶接性など幾多の優秀な特性を有しております。

ネジデーバー

「ネジデーバー」は、鉄筋表面のねじふし形状に対応するカプラーを用いることによって、鉄筋の任意の位置に機械式継手を設けることができます。

軌条

レール

新日鉄住金のレールは、1901年八幡製鐵所の創業とともに製造を開始しました。以来、長年にわたり培われた技術と、最新の設備によって製造されています。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ

会社団体名、お問い合わせ内容等の記載に漏れや不備がある場合や、お見積りに関するご質問等については、回答できない場合もございますので、予めご了承ください。