大分製鉄所 累計製品出荷3億トンを達成

2016/06/23

新日鐵住金株式会社

大分製鉄所 累計製品出荷3億トンを達成


 新日鐵住金株式会社大分製鉄所(以下、大分製鉄所)は、1971年10月の初出荷以来、44年8カ月を経て、今月、累計製品出荷3億トンを達成いたしましたので、お知らせいたします。大分製鉄所は、1991年4月に累計出荷1億トン、また、2005年2月累計出荷2億トンに到達し、そこから、約11年3か月での3億トン達成となりました。

 大分製鉄所は、製鋼から圧延、出荷にわたって直行化されたプロセスと一元的な生産工程管理体制を整えており、今回の累計製品出荷3億トンの達成となりました。今後も需要変動に対して各製造ラインの安定生産と安定出荷を実現し、製販一体となって、お客様のニーズにきめ細かくお応えしてまいります。

<これまでの歩み>

 ・1971年  6月 大分製鉄所発足
 ・1971年10月 初出荷
 ・1972年  4月 初出鋼(オール連続鋳造操業体制の確立)
 ・1980年12月 直結プロセスV立上(製鋼‐圧延直結化体制の確立)
 ・1991年 4月 累計出荷1億トン達成
 ・2005年 2月 累計出荷2億トン達成
 ・2016年 6月 製品出荷3億トン達成(初出荷より44年8カ月)




お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977





ツイート Facebookでシェア



このページの上部へ

ここからフッター情報です