水素ステーション用鋼材HRX19®が日経優秀製品・サービス賞受賞

2016/01/04

新日鐵住金株式会社

水素ステーション用鋼材HRX19が日経優秀製品・サービス賞受賞

 
  新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)の水素ステーション用の高強度鋼材であるHRX19が日本経済新聞社主催2015年日経優秀製品・サービス賞(※)において「優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞しました。

 右2本がHRX19®の製品写真


 高圧水素用ステンレス鋼HRX19®は、新日鉄住金が開発した水素ステーション用鋼材であり、素材から最終製品まで一貫した品質保証体制のもとで製造しております。HRX19は、①耐水素脆性、②高強度材料、③溶接施工性の3つの特長があり、水素ステーション建設のコスト削減、保全性・安全性向上に貢献します。


  既に岩谷産業株式会社や東京ガス株式会社、東邦ガス株式会社など複数の商用水素ステーションの高圧部位に採用されています。配管・バルブ・継手だけではなく、圧縮機や熱交換器など、用途も拡大しています。新日鉄住金は、今後も水素社会の実現に不可欠なインフラ構築に貢献してまいります。

※「日経優秀製品・サービス賞」とは
毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、日本経済新聞社が独自に候補となる製品・サービスを選定し、審査委員会で40点前後の受賞製品・サービスが決定されます。2015年1~12月の1年間に日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経新聞電子版、Nikkei Asian Reviewに掲載された、新製品・サービスの中から1)技術開発性 2)価格対効果性 3)業績寄与度 4)成長性 5)独自性 6)産業・社会へのインパクトを総合的に評価し、39点が日経優秀製品・サービス賞に選ばれました。


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977


ツイート Facebookでシェア


このページの上部へ

ここからフッター情報です