新日鐵住金

RECRUITING 2019 RECRUITING 2019

理系学生対象
インターンシップ

募集要項

ものづくりの真髄を体験する

2WEEK

リアルな仕事から
学べる

あなたが取り組む実習テーマは、製造や開発の最前線で今まさに起こっている課題のなかから設定されます。本物の現場の空気を感じながら、課題解決に向けたアプローチなど、実際の仕事を勉強することができます。

プロによる個別指導が
受けられる

実習テーマへのチャレンジは、先輩社員がマンツーマンでサポートします。担当の先輩社員をはじめ、いろいろなスタッフと関わりながら課題に取り組むことから、専攻と直接関係のないテーマであってもまったく問題ありません。

世界最高レベルの
環境がある

あなたを受け入れるのは、世界最高レベルの製造や開発の現場です。「そこで働く人々も、そこにある設備や技術も、見るものすべてが新鮮で気付きが多い」環境のなかで、あなたの視野が大きく広がります。

インターンの流れ

SCHEDULE

例:操業技術

主要4職種

4 OCCUPATIONS

自分の興味にあわせて、
技術系の主要4職種から希望するプログラムに申し込むことができます。

操業技術(生産技術)

原料を溶かし、成分調整し、形を変える。鉄の製造プロセスはダイナミック且つ繊細です。各工程の品質向上・生産効率改善・コスト削減などの高付加価値化に取り組みます。

こんな方に
オススメ

メーカーの生産技術職に興味あり。

自分の操業改善案をもとに、実プロセスの試験を行ってみたい。

大規模なものづくりを間近で体験したい。

実習テーマ
一例

深海用ラインパイプの安定製造条件の確立

熱延工程の生産性の向上

精錬工程における反応/処理効率の改善

設備技術

他業界では類をみないほど大規模な設備で構成された鉄の生産設備。その設備の企画~立ち上げ~改善など、すべてに関わる職種です。能力を最大限に発揮させるための改善や長寿命化のための保全技術の確立などに、各要素技術のプロたちと共に携わります。

こんな方に
オススメ

大規模プラントの設計・開発をしてみたい。

重工メーカーや、プラントエンジニアリングメーカーにも興味あり。

生産システムの開発やAI・IoTなど最新技術に興味あり。

実習テーマ
一例

FEM解析を用いた製鉄機械装置の改善検討

ビッグデータを活用した鉄鋼操業状態評価および解析

鉄鋼プロセスにおける圧延・電気制御に関する検討

品質管理

世界最高品質を支える、製品の「品質設計」(製造工程、成分、温度条件などの製品のつくり方を決定すること)を担当します。生産設備を熟知した上で、お客様における鋼材の使用の仕方・条件まで理解を深めながら仕事を進めます。

こんな方に
オススメ

お客様の要望を踏まえて仕事をしてみたい。

生産技術と商品開発、両方の職種に興味がある。

世界初の商品開発に挑んでみたい。

実習テーマ
一例

熱延鋼板の板形状の改善

ステンレス製品の商品メニューの拡充

超音波探傷精度の向上

研究開発

未知の領域にチャレンジし、競争力の源泉である技術開発をリードします。
製品の性能向上、新材料や先端技術の開発、また革新的な生産プロセスの創出などに取り組みます。

こんな方に
オススメ

研究職に興味あり。

大学と企業の研究の違いが知りたい。

自分の開発した技術を実際の現場で体感したい。

実習テーマ
一例

熱延鋼板表面欠陥の生成メカニズムの解明

水素侵入挙動解明と強度の評価

鋼の高温強度に対する成分影響の研究

先輩社員からのメッセージ

MESSAGE

大学ではできない体験が
あなたを待っている

私も当社のインターンシップに参加しましたが、「実際の現場で多くの人とコミュニケーションをとりながら課題解決に奮闘する」という大学ではできない体験が、非常に有意義だったと思います。仕事へのイメージを膨らまし、企業や先端技術への理解を深める充実した2週間です。「さまざまな分野の専門家と連携して何かに挑戦する」「ダイナミックなスケールで開発や改善に取り組む」など、当社の仕事の面白さを存分に味わってください。

田中 美沙

操業技術
君津製鐵所
薄板部表面処理技術室

技術者としての
財産を得ることができる

インターンシップで取り組むのは、どれも本当の現場で起こっている課題ですから、「技術検討した結果が実機に生かされる過程」をしっかりと学ぶことができます。また「自分の関わった設備を操作する現場の方々と話をするなかから、技術的に改善すべき点を見つけ出す」という経験も、技術者としての大切な財産となります。百聞は一見に如かず!ものづくりの第一線の空気を、与えられた情報ではなくあなた自身の体を通して感じてみませんか。

大原 健一郎

設備技術
鹿島製鐵所
エネルギー部エネルギー技術室

技術者として
活躍する未来が見えてくる

当社のインターンシップの特徴は、「職場に溶け込んで、社会人として働く体験ができる」ことです。私が担当する世界最高強度の油井管シームレスパイプのように、世界で誰も成し得ていない製品の開発に挑む現場の一員として、手ごたえのある課題に取り組むことができます。皆さんは学生でありながら技術者としての日々をリアルに知ることになります。そして、そうした体験を通して、「技術者として働く自分の姿」がしっかりと見えてくるはずです。

小松原 伸明

品質管理
和歌山製鐵所
カスタマー技術部継目無管材料開発室

チャレンジに溢れた
業界であることを伝えたい

「鉄鋼業は成熟産業?」のイメージもあるかもしれませんが、飛び込んでみると「解明されていないこと」「実現されていないこと」が多く、いろいろなことにチャレンジができる業界であることが分かります。そうした魅力を、皆さんに少しでも感じて欲しいと思います。先輩社員がていねいにサポートしますから、「インターンシップの内容についていけるだろうか」といった心配は無用です。「自分の開発した技術が実際の生産現場で使われる」やりがいをぜひ体験しに来てください。

山村 咲弥

研究開発
技術開発本部 REセンター(富津)
プロセス研究所計測・制御研究部、
インテリジェントアルゴリズム研究センター兼務

参加者の声

VOICE

スピード感をもって
成果を生む

特に気付きが多かった点は、大学と企業の研究の違いでした。生産効率などにも配慮した視点を持ちながら、スピード感をもって成果を生むという企業での研究のアプローチを学ぶことができました。

予想していた以上に
実際の仕事に近い

自分の研究分野をどのように製鉄所で実用化させるのか、課題があるのかを現場で知ることができました。予想していた以上に実際の仕事に近く、ハードルの高い実習でしたが、その分質の高い経験ができたと思います。

将来やりたい仕事を
より深くイメージできた

実習内容だけでなく技術系の仕事内容、新日鐵住金について詳しく知ることができ、将来やりたい仕事をより深くイメージすることができました。また、実践的なPDCAの進め方などについて学んだため、今後研究に生かしていきたいと思っています。

社員の方からの
本気のフィードバック

難しい内容でしたが、担当の社員の方に私が納得できるまで指導していただき、最終発表までサポートしていただきました。社員の方からの本気のフィードバックをいただいたおかげで、技術者として、仕事を考える上で素晴らしい経験をすることができました。

募集要項

対象
理系学生の方(学年不問)
実施期間
2018年7月下旬~9月の期間のうち2週間、および12月~1月のうち1日
実習場所
全国12都道府県、16箇所の製鉄所・研究所
実習内容
約280の実習テーマを用意、実習内容はテーマにより異なります。
実習内容の一例:工場設備の見学、立ち合い実験、データ解析、提案プレゼンなど
待遇
旅費/学校所在地から実習先までの交通費を支給します。
宿舎/希望により当社の寮をご利用いただけます(無料)。
通勤/自宅または宿泊先より実習先までの実費を支給します。
食事/ 3食(朝昼夜)提供します。
日当/ 1,200円/日を支給します。

応募方法

以下の手続きに従ってご応募ください。皆さんのご応募をお待ちしております。

STEP 1

プレエントリー

下のプレエントリーボタンをクリックして、応募画面へお進み下さい。
基本情報を入力してプレエントリー手続きを完了してください。

STEP 2

エントリー

マイページにログイン後、案内に従ってエントリーをお願いします。

応募締切 6月24日

STEP 3

書類選考・結果連絡

書類選考を行った上で、結果をお知らせします。

結果連絡 7月上旬(予定)