[特集]「さび」を抑えて寿命4倍 -ライフサイクル全体を考慮した製品「スーパーダイマ®」-

「スーパーダイマ®」は、従来の溶融亜鉛めっき鋼板にアルミニウム、マグネシウム、シリコンを加え、これらの複合効果で耐食性が従来の4倍も向上し、鋼材の長寿命化が図られました。製造工程での省エネルギー化、鋼材使用量の削減、そして製品の耐久性が高まったことで屋外で使用される建材として数多く採用されており、建築物の長寿命化に貢献しています。

スーパーダイマ®

さびにくいから4倍長持ち

従来の亜鉛めっき鋼板よりも4倍も長持ち。

さびにくいから省資源・省エネルギー

  • 従来と同じ寿命でよいなら、めっきの量を4分の1にできます。
  • 切断面の後めっきや塗装が不要なため、めっきや塗料の使用量やエネルギーが減らせます。
  • 従来は後めっきの際の加熱による変形を防ぐため、ある程度厚みが必要でしたが、後めっきが不要なため、薄く、軽くつくれます。その分コストも下がります。

さびにくいから建材として幅広く普及

長持ちして低コストなため、建材をはじめ家電製品・自動車部材や太陽光発電の架台等、さまざまな用途に幅広く活用されています。

寿命がきたらリサイクル

長期の使用に耐え、役割を終えた後もリサイクルして再び鋼材として生まれ変わります。

VOICE

青島矢一氏

NSブルースコープ・タイ社
社長
ソムキアット・ピンタサム 氏

ASEANの社会コスト抑制及び環境負荷低減に期待

NSブルースコープ社では、2015年にタイで「スーパーダイマ®」を生産開始することを決定しました。

「スーパーダイマ®」を日本国外で生産するのは初めてです。「スーパーダイマ®」は新日鉄住金で開発された商品で、その卓越した耐食性により、建材から家電まで幅広く使用されてきました。2012年、日本工業規格を取得し、さらなる用途拡大が期待されています。

私たちは、「スーパーダイマ®」がASEAN各国の社会コストを抑えるとともに、環境負荷低減にも貢献するものと確信しています。この素晴しくエコロジカルな製品をASEANに広められるよう努力していきます。

ロック・フィールド新神戸工場の外装材

ロック・フィールド新神戸工場の外装材

駅構内の耐震補修

駅構内の耐震補修

消防庁舎のケーブルラック

消防庁舎のケーブルラック

ライフサイクル全体を考慮すると見えてくる鉄の強み

鉄の最大の強みは「無限リサイクル」

鉄鋼材料は、自動車などの製品の寿命が終わっても、スクラップとして回収され再び新しい鉄鋼製品として再生されます。鉄鋼素材の最大の強みは「無限リサイクル」が可能だということです。回収されたスクラップを再び鉄鋼原料として利用すると、その分新たに消費する天然資源や鉄鉱石還元時に発生するCO2を削減することができます。すなわちスクラップは「環境価値」を持っているわけです。

世界鉄鋼協会ではこの点に着目し、製品廃棄後のスクラップリサイクルを加味した環境負荷の評価法を確立しました。例えば、自動車の廃車時に回収されるスクラップの持つ環境価値を控除し、スクラップを利用する場合に再配分するという手法です。この手法を用いれば、スクラップ回収による環境改善効果も適切に評価され、天然資源とスクラップの両方から製品を作る鉄鋼プロセス全体を、公平に評価することが可能となります。

また、寿命を終えた鉄鋼製品が供給源となるスクラップは発生量に限界があり、世界で需要が拡大し続けている鉄の供給を全て賄うことは不可能です。社会が必要とする鉄の供給は、天然資源である鉄鉱石を基幹的な供給源とし、そこにスクラップ再生を組み込んだ一体のシステムの上に成り立っているのです。

何度でも何にでも生まれ変わる「鉄」

自動車は軽量なほど燃費が良くなり、走行時のCO2を減らすことができます。このため、燃費改善のための軽量素材の適用はこれからも加速していくものと考えられます。しかし軽量素材の製造段階で、大きなエネルギーを消費したり、廃車後の素材リサイクルが不可能ならば、ライフサイクル全体では逆にCO2排出量が増大してしまうということもあり得ます。製品の一断面だけではなく、素材のリサイクルを含めたライフサイクル全体で環境負荷を考える視点が重要です。

ライフサイクルアセスメント(LCA)の視点から優れた素材の「鉄」

素材をつくるときの負荷を考えよう

従来材(鉄)100kgと同じ強さの自動車部材をつくるときのCO2排出量比較(kg・CO2

何度でも何にでも生まれ変わる「鉄」

ご意見・ご感想はこちらへ


このページの上部へ

ここからフッター情報です