あるところに、リサイクル工場に
運ばれるプラスチックがいました。

彼は新しいプラスチックに
生まれ変わるのを
とても楽しみにしていました。

運ばれる途中とちゅう一緒いっしょにいた別のプラスチックが言いました。
「ねえ、知ってる?ぼくたちの体の一部は、リサイクルしても生まれ変われずに、みんなに使われることなく、てられてしまうんだって。」

これを聞いたプラスチックはとても悲しくなりました。
彼はここに来る前、自分をきちんと分別してくれた女の子と約束をしていたのです。

「ありがとう!ぼく、きっと無駄むだなく全部生まれ変わってくるからね!」

「このままじゃ、あのときの女の子にうそをついたことになっちゃう…」
なやんだ末、彼はトラックから飛びおり、新たなリサイクルの道を探す旅に出ました。

山をえ、谷をえ、プラスチックは進みました。
…けれど、どこにいっても、プラスチックを無駄むだなくリサイクルする方法は見つかりません。
100%のリサイクルとはそれほどむずかしいものだったのです。

やがて、つかれ果てたプラスチックは新日鉄住金しんにってつすみきん君津製鉄所にたどり着きました。
そこには、鉄づくりや発電などの大きな設備がありました。

ポイント解説!

新日鉄住金しんにってつすみきんでは、全国の1/3のプラスチックゴミをリサイクルしており、その中でも君津製鉄所は世界最大の処理能力を持っています。

「どうしたんだい、こんなところで」
そう声をかけ、拾い上げてくれたのは、君津製鉄所のおじさんでした。
「ぼく、ゴミにならずに 100%無駄むだなく生まれ変わりたい。地球にやさしく生まれ変わりたいんです!」

そう言って泣き出したプラスチックを見て、おじさんはあることに気が付きました。
プラスチックの体の中には「コークス」という鉄づくりに欠かせないモノがかくれていたのです。

「その願い、おじさんたちがここでかなえてあげられるかもしれないよ」
プラスチックにやさしく笑いかけ、おじさんはこう言いました。

「ここにある製鉄所の設備を使えば、君の中にねむっているコークスを取り出して、鉄づくりの原料に生まれ変わらせることができるんだ」
「ぼくが鉄づくりの原料に!?」
「そうだよ。しかも、それだけじゃない。コークス以外の油とガスも、ここなら全て無駄むだなく再利用することができるはずだよ」

ポイント解説!

新日鉄住金しんにってつすみきんはプラスチックゴミをコークス炉という1,200度の高温を使う製鉄施設を利用して、燃やさず、熱分解する『ケミカルリサイクル』方法で、プラスチックゴミの40%を新しい製品へと生まれ変わる「油」に、20%を鉄の原料となる「コークス」に、40%を電気をつくる「ガス」へと生まれ変わらせています。

プラスチックはおどろきと喜びで、つかれも泣いていたことも忘れて、飛び上がりました。
「ぼく、まるごと全部生まれ変われるんですね!」
「その通り。さあ、一緒いっしょにいこう!」

こうして、プラスチックは、新しいプラスチックだけでなく、電子部品や塗料とりょうなどの様々さまざまな素材の原料に生まれ変わり、あの日の女の子との約束を果たしたのです。

ポイント解説!

新日鉄住金しんにってつすみきんでは、長年に渡り研究を重ね、『ケミカルリサイクル』方法の高い技術力を確立し、鉄づくりの過程を活かしながら、プラスチックゴミを 100%すべて再利用し、CO2削減や省エネ、省資源に取り組み、循環型社会づくりに貢献しています。

最初から読む