熱延工場


安定した操業を続ける熱延ラインの全景

熱延鋼板は自動車、家電、建材、パイプ、リロール用素材、冷延・めっき製品用素材に使われています。

製鋼工場でつくられたスラブを加熱炉で加熱し、粗圧延機と仕上げ圧延機で帯状に連続で長く圧延し、運搬しやすいようにコイル状に巻き取ったものが熱延コイルです。

加熱炉装入から巻き取り完了まで全ラインがコンピュータにより制御され、一品、一品の高精度な品質制御や管理をダイナミックに、かつスピーディーに行っています。


熱延コイル。様々な製品の素材に使われます。

製品サイズ

  • 厚さ:1.2~25.4mm
  • 幅:600~ 2,180mm
  • コイル単重:MAX45トン

製造フロー

熱延工場を動画でご覧いただけます。


このページの上部へ

ここからフッター情報です