VOL.6 鉄と鉄をつなぐ(上)

切断・接合が簡単な稀有な金属-鉄。原子同士を強固に結ぶ溶接技術。

  • ワイヤ電極先端と溶接すべき母材の間隔が10mm 程度に保たれ、アークが発生する。
  • 高温のアークによりワイヤの先端が溶けて、母材も一部溶かし溶融溶接が進行する。

内容をPDFでもご覧いただけます。

VOL.6 『鉄と鉄をつなぐ(上)』(PDF 272KB)PDFファイルへリンクします

Adobe Flash Playerのダウンロード

Adobe Flash Playerは「Get Adobe Flash Player」ボタンをクリックして入手できます。

Get ADOBE FLASH PLAYLER

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

このページの上部へ

ここからフッター情報です