VOL.5 形を造り込む(下)

麺棒の役割を果たす圧延ロール。一つのロール形状で多品種を造り込む。

  • エッジがロールの同じ箇所にあたらないように制御し、ロール摩耗を均一にしたシステム。
  • この技術とロール材質改善により、ワークロールの長寿命化を実現した。
  • ワークロールシフトがあると、圧延材のエッジ部が同じ部分にあたらないため、ロールの摩耗が均一になり、品質が大幅に改善された。

内容をPDFでもご覧いただけます。

VOL.5 『形を造り込む(下)』(PDF 236KB)PDFファイルへリンクします

Adobe Flash Playerのダウンロード

Adobe Flash Playerは「Get Adobe Flash Player」ボタンをクリックして入手できます。

Get ADOBE FLASH PLAYLER

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

このページの上部へ

ここからフッター情報です